三味線弾きシシドの「日本文化ゎやばい!」

津軽三味線、箏(琴)、沖縄三線を 演奏する、 三味線弾きシシド(小山貢山)のブログ。茶道、合気道もたしなむ日本文化体験&発信記。

津軽三味線

文化体験事業の難しさ

文化体験 shamisen lesson kote lessson FNDJPNさんより文化体験の申し込みがありました。 http://findjpn.com/ 文化体験の難しさは 料金設定。 勿論多ければ多い程いい 先生側と 安く 提供したいオーガナイザー、 安く体験したい旅行客とのバランス。 今回は3000円で津軽三味線・箏を体験していただき お茶も提供しましたが 彼に直接聞いてみたら「お茶菓子もついて」3000円ならちょうどいい。 とのこと。 先生側からすればそんなんじゃやってられない価格。 私は実家でやっていて 英語の勉強になり文化体験に力を入れているから この価格で出来ますが、 たとえば茶道とか 賃貸借りてお菓子用意して お茶こして掃除して、着物着て この価格では提供できないでしょう。 そういえばbankruptした文化体験会社は10000円以上取ってたモンなぁ。。 通訳ガイド着くと一気に値段が跳ね上がるので 英語しゃべれる日本文化の先生が必要なんです。 先生自体少ないのに英語まで話せて3000円ではビジネスになりませんね。 逆に考えると私もアメリカに行って1万円払ってバンジョーを体験するかと 言えば「NO!」でしょう。 私もmaking money したくて夢を持ってインバウンド業界にはいりましたが 今はもうほぼ趣味としてやっています。 彼とすれば「他にも茶道・書道・忍術・剣術」などパッケージツアーにすれば もっと1万円近くでも取れるという考えでした。 一つ問題があって、「文化」というのは「観光」と違って輸出できちゃうんですよね。 海外の輸出に成功しているのが 武道と尺八。 柔道はフランスの方が日本より従事人口が多いのは有名だし、 尺八も外国の方が従事人口が多い、と聞いたこともあります。 輸出に成功してないのはなんらかの理由があるワケで、、 中々難しいところですね。 ただメディア的にはappealingなようでよく取材は受けます。(モチロンタダ) http://www.nikkei.co.jp/japanreport/ja/ ピンクカウ「Japanese Lounge Night」が日経ジャパンレポートに取材されました!2011/12/19(月) 05:15 BSJAPANほか Ustream でも配信予定です。 ↑こういう書籍もあります。 演奏情報 http://www.shamimaster.com/informationj.html 新宿津軽三味線教室 http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html 津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室 三味線弾きシシド(小山貢山) Shamimaster toshi

外国人のアテンド二件

rodrigo ジャスティンさん 武美さんと ピンクカウではスペインからのロドリゴさんのアテンド、 日本のTASCAMというボイスレコーダーが欲しいというので 海外発送はできないらしく 御茶ノ水の店に代理で予約。無事ゲットできたようです。 善養寺恵介 先生という方のレッスンを録りたいということでしたが、 善養寺先生はほぼ生徒が外国人ばかりだそうです。 普段ピンクカウでは洋楽と和楽器のコラボが多いのですが ジャスティン泉龍さんとロドリゴさんは本曲がほとんど。 日本人と外国人の尺八への向き合い方の違いを感じました。 グレッグさんが広原さんとお友達で会いたいというので アテンドを行いました。 グレッグさんは携帯をローミングにしてないので 携帯が使えない。 夜11時にしかあえないと言うので 一緒に弾けるようカラオケボックス予約して、 電車が無いから 終電後のバスの時間調べてバス停までアテンド。 今回は 通訳までやりました。 itinerary(旅程表)も完璧。 後は通訳ガイドの試験に受かるだけやな。 いや三味線頑張れ。

身長差40センチのガイド

a0853d2e.jpg
c9e9b0a0.jpg
ロサンゼルスからお越しのグレッグさん。亀屋邦楽器さん (英語をしゃべれる店員さんがいるため) でべっ甲バチをお買い求めになりました。英語いっぱい喋って楽しかった♪ ちなみにフェイスブックで友達になりました。身長差は40センチでした。
もちろん「報酬は受けて」ませんよ! 通訳ガイド全科目不合格男ですので(現時点) 店でグレッグさんが弾いた時お店の人が「上級者だね」 と言ってたけどあれは「本音ですか?建前ですか?」と聞いてきて爆笑した(笑) その後「好きな三味線奏者」を聞かれその後 「本音ですか?建前ですか?」 と負けじと返しましたm(__)m あ〜楽し(笑)

新春初弾き at銀座三越

d113df6b.jpg 有木竜郎 一昨日は銀座三越「和楽奏春」で演奏させていただきました。 南部俵積唄を弾き唄いして手拍子をお願いしたら 目の前のお客さんが太鼓叩いてくれたのはびっくりしたけど うれしかったですね笑 龍笛・篠笛 大山潤一さんと キーボードの有木竜郎さんとの じょんがらコラボも中々いい感じでした。 いい機会をありがとうございました。 50分に伸びたのでsatukiさんも来ていただけるということで 急きょ秋田荷方節を演奏。 久しぶりに弾きました。 ↑銀座三越限定のチェーントートバッグです。 皆様ご高覧ありがとうございました。 皆さん今年も頑張っていきましょう♪ 演奏情報 http://www.shamimaster.com/informationj.html 新宿津軽三味線教室 http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html 津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室 三味線弾きシシド(小山貢山) Shamimaster toshi

私の製作した津軽三味線入門DVDが全国発売されました。

津軽三味線入門DVD 裏面 津軽三味線入門DVD 4月1日にネタ風に書いた 津軽三味線入門DVD http://shamimaster.livedoor.biz/archives/51428008.html ですが、 http://www.st-ongakukan.com/videojpn.html (※スタジオ音楽館のページ 上から二つ目に インストラクター:小山貢山 とあります) 本当に出ることになりました♪ 続きを読む

横浜・イギリス館にて津軽三味線・箏の演奏

先週日曜日は 横浜・イギリス館ホールで ピアノの発表会の余興として、 シシド&ヒロキで演奏でした。 ↑ この本にも載っている通り、横浜には洋館が沢山あります。 その中にあるホールはやはり人気だそうで、抽選でもなかなか取れないそうです。 貴重なところで演奏させていただきました。 ホール以外の場所は観光客の方が普通に入ってくるので不思議な感じでした★ 続きを読む

本日7時〜渋谷ピンクカウで

ピンクカウ ピンクカウ ピンクカウ Shamimaster Toshi 4rd event organized by shamimaster!Get hot by Japanese traditional instruments! An event to enjoy, guide and have fun with traditional Japanese instruments at The Pink Cow http://www.thepinkcow.com/ Come join us for Japanese Lounge Night! We will be hosting a new night for people to come enjoy and learn more about Japanese instruments in a fun, relaxed way. Meet new people and enjoy great food and drinks! It's also a open mic event, please bring your talent if to perform with our instruments! If you're interested in performing, please let us know! 7:00pm Ohju(koto) , NANA haduki(ukulele, shamisen) 7:30pm Mitsudomoe(Tsugaru shamisen club in Waseda Universtiy) 8:00pm Ai Watanbe (Tsugaru shamisen and songs) 8:30 Kouzan-kai(tsugaru-shamisen group), Setuna(Aikido) 9:00 Macqueen MIyama , sozan yamazaki(koto and shakuahchi) 9:30 Nikki matsumoto(Rock with koto) 10:00 Yuuduki teduka, Uecchi( tsugaru-shamisen and kahon) 10:30 Masayoshi tanaka, Tomohiko inoue (Wadaiko drum) 本日7時〜渋谷ピンクカウで 日本文化を英語で紹介する フリーイベントやります(^^ゞ 2010年7月 4日(日) <<イベント名>>Japanese Lounge Night Vol.16 <<時間>>19時〜 <<場所>>PINKCOW(表参道、渋谷最寄) <<チケット等>>無料 <<内容>>私のオーガナイズイベントです。 出演予定者: 19時〜なな(三味線)櫻樹(箏) 19時半〜早稲田大学津軽三味線愛好会三津巴 20時〜渡辺アイ(津軽三味線) 20時半〜貢山会(Rona marine) 三味線弾きシシド(津軽三味線)雪那(合気道) 21時〜深山マックイーン(箏)山崎蒼山(尺八) 21時半〜Nikki Mastumoto(和楽器バンド) 22時〜手塚勇月(竹山流津軽三味線) 22時半〜SMASH DUO   田中まさよし(和太鼓) 井上智彦(和太鼓/MUSA) よろしく〜っ!

大道芸について考える。

雪竹 津軽三味線、箏、三線、合気道、茶道、英語、観光、おかげさまで色々な業界に かかわっているが今日は大道芸について書こう。 今日は晴れたので井の頭公園のアートマーケッツに弾きに行ってきた。 大道芸の人いつもいるなと思ったら外の仕事断ってるんだって、、、 そんなに入るのか。 今日は 雪竹さん と一緒になりました。 彼は大道芸ワールドカップin静岡 初代チャンピョンという すごい人。 続きを読む

三味線の皮はどこから来ているのか!?

猫のイメージが強い三味線の皮だが、 津軽三味線の皮は全て犬の皮だ。 細棹の稽古用も殆どが犬の皮だ。 三味線の皮はどこから、、という疑問に 一般的な答えとして 「中国や韓国など、犬を食べる習慣のある国から輸入」 というのがある。 しかしこれは批判を避ける為にこう説明する意味合いが強い のではないかと考えている。 実際は今でも日本の保健所からも入っていて、 http://www.jinken.ne.jp/buraku/shamisen/ 日本の皮作り職人さんは「完全に無視」な言葉だからだ。 <皮剥ぎ> 週3回、大阪府と和歌山市から保健所で処理された犬が運ばれてくる。1回につき20〜30頭あるが、今は保管する冷凍庫が満杯に近いため、津軽三味線に使えそうな大きめの犬を選んで"めくる"(皮を剥ぐ)。すぐに加工しないものは冷凍庫へ。皮を剥いだあとの部分は、保健所が回収し、岐阜県の動物保護センターで焼却処理される。 「犬殺し」「犬獲り」って言うけどね、保健所がやらなあかんことをやってきたんやから、仕事にはちがいない。私も和歌山市と大阪府で捕獲人をやってました。野犬がうろついて困るというような連絡が保健所に入ったら、捕獲人が呼ばれるんです。  犬をひっかける針金の引き方なんかは簡単にできるもんやない。その腕を見込んで、保健所は我々を雇ったわけです 牛を屠殺したり、こういった三味線の皮を作る仕事は、 かつては虐げられた人のやっていたことだ。 棹についてはまだ情報があるが、三味線の皮については殆ど情報がない。 殆ど腫れ物に触る感じで隠しているのではないかと思わせるくらい 情報がない。 しかし「三味線の音を決めるのは皮」と言う人たちがその 大事な皮を作ってくれる職人さんを忌み物にするのは 失礼ではないか。 以前朝日新聞夕刊に牛を屠殺する職業の人の話が載っていた。 「あえて私は牛を「殺す」という言い方をします。」 大切な皮を作ってくれる人たちが誇りを持って仕事が出来るように、 きちんと説明すべきところは説明すべきであろう。 皮つくり職人 當山さんの言葉 輸入ものの安い皮も入ってきてるしね。タイにいる友人に勧められて、うちも輸入したことがあるんですよ。毛がついたままの皮が塩漬けで送られてくるんです。でも毛を抜いたらすぐわかる。暑い国やから皮膚病に罹っていて、その跡が残るんです。100枚のうち、使えるのは2割。もったいないからキレイなところだけを選んで使うけど、皮そのものの値段は安くても、輸送費や手間を考えたら割に合わないので止めました。今は向こうの職人が加工して、張るだけの状態になったものを輸入しているらしい。  三味線屋さんは東京だけで100軒ぐらいあるんちゃうかな。でも皮がないと始まらないでしょう。 三味線屋さんや演奏する人たちが「皮づくりをなくさないで」と言ってくれたらええねんけどね。僕らが言うより、何百軒とある三味線屋さんや演奏家の人たちが言ってくれるほうが大きな力になるでしょう。 高橋竹山の素晴らしい音色も、吉田兄弟のパワフルな音楽も、彼らがいなければ聞けなかったのだ。 三味線奏者、皮張り職人だけが脚光を浴びる時代はもういい。 和楽器ブロガーとしてはこのことを伝えていこうと思う。 ↑三線の蛇皮についての本はありましたが、三味線の皮については著書すらありませんでした。 演奏情報 http://www.shamimaster.com/informationj.html 新宿津軽三味線教室 http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html 津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室 三味線弾きシシド(小山貢山) Shamimaster toshi

学校公演

岡村竜司 本日は埼玉県領家中学校 にて 和太鼓 岡村竜司 さん 尺八  山野明彦 さん と共演しました。 春の海 涙そうそう 郷愁(河野一志作曲 箏手付け・シシド) 春の小川 アメージンググレース 跳(河野一志作曲) 唐船ドーイ 今回は8曲中 箏・4曲 津軽三味線・2曲 三線・2曲 とかなり箏の比重が高かったです。 領家中学校 原田和孟(はらだまさはる)さん、 (津軽三味線金木大会個人小学生以下の部準優勝) とも共演しました。 原田和孟 いや〜うまかったわ〜笑 ↑原田さんは、佐藤通弘先生の孫弟子さんだそうです。 最後はさくら合奏で締め! 山野明彦 演奏情報 http://www.shamimaster.com/informationj.html 新宿津軽三味線教室 http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html 津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室 三味線弾きシシド(小山貢山) Shamimaster toshi

スポンサーリンク

Profile

三味線弾き獅子道

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク

Recent Comments
  • ライブドアブログ