三味線弾きシシドの「日本文化ゎやばい!」

津軽三味線、箏(琴)、沖縄三線を 演奏する、 三味線弾きシシド(小山貢山)のブログ。茶道、合気道もたしなむ日本文化体験&発信記。

稽古日記(津軽三味線編)

津軽には七つの雪が降るとか。-It is said that tsugaru's snow has seven kinds.-

浪人時代、色々な音楽を聴いてた時期があり(勉強しろよ)、

その時に出会った演歌が「津軽恋女」

I listend to various music when I was studying to enter university after
graduate from high school(Study harder.,lol)

This enka(Japanese ballad)is below."tsugaru-koi-onna"(tsugaru's love woman)




こな雪 つぶ雪 わた雪 ざらめ雪
みず雪 かた雪 春待つ氷雪



演歌っぽくない、切ないメロディの曲です。


This is the melodious enka.


津軽の海よ 三味がゆさぶる
じょんから聞こえるよ〜♪

ということで、





昨日は津軽三味線小山流(おやまりゅう)


のお稽古に行ってきました。

南部俵積み唄は津軽民謡とちょっと違う 南部民謡

というジャンルだったのですね。

津軽五大民謡といえば、

「じょんがら節、よされ節、小原節(ここまでで三大)、三下がり、あいや節」

ですが、三大民謡は歌うのに技術がいるということで

格上、、という意味合いだそうです。


I went to Tsugaru-jamisen Oyamaryu school lesson yesterday.


I learned Nambu tawara-tumi uta. I've heard Nambu-tawara-tumi-uta

is not tsugaru minyo,but nambu minyo.

Tsugaru's major 5 minyo is "jongara, yosare(three major) sannsagari,aiya"

It's because three major minyo is difficult to sing.

稽古日記(津軽三味線編)-Training diary(tsugaru-jamisen)

あいや節を見ていただきました♪

唄のところは4分の3拍子ですが、

太鼓のところは4分の2拍子風に弾く(つまりは一拍目が長く

2拍目と3拍目が短い)と良い

と習いました♪

I learn Aiya-bushi.

The rythm is three-four time during the song part,

two-four time during the drum part.

本調子メドレー

仙北荷方
秋田荷方
塩釜おはら(正式名称津軽塩釜甚句)
津軽おはら節

The medley of Honchoushi

Senbokunikata
Akita nikata
Shiogama Ohara(proper name tsugaru-shiogama-jinku)
Tsugaru Ohara bushi

三下がりメドレー

昨日は目黒の祐天寺にある

津軽三味線小山流 の本部に行きました。

お家元から直接指導を受けているのです♪


三下がりメドレー

は津軽音頭 弥三郎節 津軽三下がり

のメドレーで

今日は弥三郎節をやったのでようやく完成です。

竹山流で習っていた時のなら弾けるのですが小山流の

手に変えるのに苦労しました(^^ゞ



I went to the headquater of Tsugaru-jamisen Oyamaryu school
at Yutenji,Meguro.


I learn directly from Iemoto(head of school).


Sansagari medley is "Tsugaru Ondo","Yasaburoubushi"and"Tsugaru-Sansagari".

I learned Yasaburoubushi,so I made it perfect at last!

津軽民謡の心- Tsugaru Minyo(traditional folk song ) spirits

昨日、久しぶりに

津軽三味線竹山流のT君に会いました。

I met Tezuka of a school of Chikuzanryu of tsugaru shamisen.





彼は三味線の棹を作る 棹師さんに興味が

あったらしく栃木の棹師さんのところに見学に行った

そうですが

最近はほとんど棹は中国製で、

日本の職人しても食えないのでやめた、、と

言っておりました。


He was interested in Saoshi(artizan of shamisen neck)

and he watched artizan workshop but

artizan say it is difficult to live as a Saoshi,

so he stop thinking to be saoshi.

皮張り職人(三味線屋さんの小売が

皮張り職人も兼ねているのです。合皮を嫌うのも

分かりますね。職人じゃなくて単なる小売に

なっちゃいますから。)の話はよく聞くのに


棹師のことはほとんど聞かないのはそういうわけだったのか、、


It may be the reason because we often hear about artizan of putting up shamisen skin,

but I hardly hear about Saoshi.


(木乃下真市スタイルブック

と言う本には

「三味線の作り方」と称して

「皮張りの様子」が出ていました(^^ゞ  )



津軽三味線は大ざっぱに分けて

吉田兄弟のような激しく叩く 叩き三味線 と

高橋竹山(ちくざん)のように音色を重視して
それほど強く叩かない    弾き三味線

に分かれます。

私は最初 津軽三味線を 広島の竹山流

の先生のところで始めたので

結構交流があったりするのです(^^ゞ



津軽三味線がブームなのですが

今のスタイルは 曲弾きと言って

民謡のリズムと音階を使って

即興で自由に弾くスタイルがブームであり、

津軽三味線の全国大会も曲弾きがメインになっています。


元は津軽民謡の伴奏楽器だったものが

唄から離れて 独奏楽器として演奏されることが

多くなったわけですね。


There is two kind of style on tsugaru-jamisen generally.

One is Tataki shamisen(With beating with placing importance on stringency)

The other is Hiki shamisen (Playing soft with placing importance on timbre)
by Takahashi Chikuzan.

I started tsugaru-jamisen of Chikuzan school at first,

so I get in touch with people of Chikuzan school.


Tsugaru-jamisen was originally the accompaniment for

traditional folk song in Tsugaru region,but now

it's independent from song, we usually play it as a solo instrument.


Solo tsugaru-jamisen music is called "Kyokubiki".

Tsugarujamisen is now booming ,but Kyokubiki is booming.



そんなわけで若い人は民謡の伴奏ができない、、と

言われるわけですが


Young shamisen player are usually critisized

they can't play accompaniment for Minyo,

I also started from Kyokubiki,

so I can't remember Tsugaru Minyo.



自分も曲弾きから入ったクチなので

なかなか津軽民謡が覚えられません、、



竹山流の三味線の手は唄のメロディーに沿うことが
多く、唄も覚えやすいのですが


叩きの方は唄と三味線が違うことが

多いらしく一苦労ですm(__)m

The melody ofshamisen of Chikuzan school is mostly same as that of
song,

but in Tataki school it's usually different.



三味線の先生が「唄から覚えるように

している」と言ってましたが、、



まず一番人気の高い

あいや節から覚えようとしていますが、

テープの演奏はこぶしが利きすぎていて

いくら聞いても覚えられません(涙)


My senior of my shamisen school say

she remember song first.

Now I'm practicing he most polular tsugaru-minyo Aiyabushi,

but I can't copy melody because CD's song is too artistic..

小山会会服- Uniform of Tsugaru-jamisen Oyamakai-

小山会会服小山会帯


今週26日(土)
目黒パーシミン大ホールにて
10時〜16時まで行われる

津軽三味線小山流 発表会の

会服(当然着物)が出来ました♪

ポリの着物だから安いとは言え仕立てからなので

38250円也。

Ouch.

沖縄の新人賞用にそちらも着物作ることになっています(^^ゞ


I had the uniform of Tsugaru-jamisen Oyamakai made for the

recital of Oyamakai held at May 26th at Meguro Persimin Hall.


Of cource this is kimono, the real kimono is made of silk,

but this is made from polyester.

It cost 38,250 yen.

稽古日記(津軽三味線編)-Diary of Tsugaru Jamisen Lesson-

昨日のお稽古です(^o^)/

新タント節と新じょんがら節がごっちゃになって

覚え直しです(汗)


This is about a lesson yesterday.

Shin Tanto Bushi and Shin Jongara Bushi is similar,

so I was confused. I have to remember it again..

稽古日記(津軽三味線編)-Diary Of Tsugaru jamisen lesson-

昨日の稽古です♪

新タント節をようやく暗譜しました(^o^)/

意外に覚えられるもんですね〜

新タント節は真室川音頭とおこさ節とセットで

演奏されることを聴きましたm(__)m


This is about yesterday's lesson.

I learned Shin-Tanto-Bushi by heart at last!

Shin-Tanto Bushi is usually played with Mamurogawa Ondo and Okosa-bushi.

稽古日記(津軽三味線編)

木曜日の話ですが、1ヶ月ぶりの津軽三味線のお稽古でした。

私が行っているのは小山会の本部、目黒の祐天寺駅より徒歩5分。

今日は5月の発表会の曲、

二上りメドレー(旧じょんがら節、りんご節、津軽がんにん節、十三の砂山、
黒石よされ節)

と、あと新タント節も参加することになりました。



1ヶ月で覚えられるかなぁ、、m(__)m


I had a tsugaru-shamisen lesson after a month on Thursday.

I go to learn a tsugaru-jamisen to the headquater of Oymakai,
from 5 minutes' walk from Yutenji Station at Meguro.

Today I learned Niagari-medoley(Kyu jongara-bushi, Ringo bushi,
Ganninn-bushi,Tosa-no-sunayama,Kuroishi Yorare-bushi).


And I will play Shin-Tanto-bushi.

Can I play from memory even the recital will be held after a month!?



スポンサーリンク

Profile
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数

スポンサーリンク

Recent Comments
  • ライブドアブログ