三味線弾きシシドの「日本文化ゎやばい!」

津軽三味線、箏(琴)、沖縄三線を 演奏する、 三味線弾きシシド(小山貢山)のブログ。茶道、合気道もたしなむ日本文化体験&発信記。

国際交流

カナダ大使館での演奏

カナダ大使館

アイスクリーム

スシパーティ





木曜日にカナダ大使館で演奏しました。

カナダ人の民謡仲間からもらったカナダの帽子をかぶって

「It's Japanese Wrong style culture! Never Imitate!」

等とジョークを飛ばしました


二枚目はJapanese Lounge Nightの写真です。

クミヤさんにケーキをごちそうになりました。

間抜けな顔写さんでYuさん!笑



Japanese Lounge Nightは
3月18日(日)19時〜

3周年!

是非お越しくださいね!


Japanese Lounge Nightは
3月18日(日)19時〜

3周年!

是非お越しくださいね!

2012年3月18日(日)


Japanese Lounge Night 3rd Annniversary 3周年記念

演奏予定曲目
斜影・夢の輪・上昇の彼方

「Japanese Lounge Night」


渋谷・表参道から徒歩7分 外国人の良く集まるレストラン「ピンクカウ」にて

http://www.thepinkcow.com/NewMap_j.htm (地図)

宍戸俊信(箏)日吉章吾(箏)・渡部志津子(十七弦)

Pat Savage(民謡)
Erin Sharpe(三味線)

岡村竜司(和太鼓)
SHUN(ギター)


小山清雄(津軽三味線)
早稲田大学三津巴

フリーエントランス

テーブル席は案内はお食事をご注文の方優先です。
予約をお勧めしております(料理の注文必須)
予約先:cowmail@thepinkcow.com
メニュー例→http://www.thepinkcow.com/NewMenu_j.htm

夢の輪・上昇の彼方は8時頃の予定です♪

東京新聞朝刊に載りました。

erin, shamisen student と言っても私ではありません。 生徒さんのエリンさんです♪ 1月16日の東京新聞朝刊の最終面に 日本文化に関わる外国人の方というコラムに 生徒さんのエリンさんのインタビウが載りました。 私の名前 小山貢山 も出てます エリンさんはカナダ人の生徒さんでピースボートで働いており脱原発の 活動をしているのでピースボートの方が原発関連のニュースを見るために 東京新聞を見ていたらエリンさんが出てて"You are Famous!"と言われた そうです笑 ご紹介くださいましたNPO法人日本文化体験交流塾の米原さん、 ありがとうございました。 演奏情報 http://www.shamimaster.com/informationj.html 新宿津軽三味線教室 http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html 津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室 三味線弾きシシド(小山貢山) Shamimaster toshi

東京新聞朝刊に載りました。

erin, shamisen student

と言っても私ではありません。

生徒さんのエリンさんです♪

1月16日の東京新聞朝刊の最終面に

日本文化に関わる外国人の方というコラムに


生徒さんのエリンさんのインタビウが載りました。


私の名前 小山貢山 も出てます

エリンさんはカナダ人の生徒さんでピースボートで働いており脱原発の

活動をしているのでピースボートの方が原発関連のニュースを見るために

東京新聞を見ていたらエリンさんが出てて"You are Famous!"と言われた

そうです笑

ご紹介くださいましたNPO法人日本文化体験交流塾の米原さん、

ありがとうございました。


演奏情報
http://www.shamimaster.com/informationj.html

新宿津軽三味線教室
http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html

津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室
三味線弾きシシド(小山貢山)

Shamimaster toshi

日経ジャパンレポートに取材されました。

トラディショナルとインターナショナルの交わる場所「ジャパニーズラウンジナイト」が日経ジャパンレポートに取材され、 Ustreamで見られるようになっております。 18:33からです。 Small barって!! http://www.ustream.tv/channel/nikkei-japan-channel おまけ 最近のツイッターつぶやきのまとめ http://twitter.com/#!/shamimaster 受付「お名前を伺ってもよろしいでしょうか?」私「「おやまこうざん」です。」受付「どのようなカンジでしょうか?」私「ちょっとヤな感じなんですけど大丈夫ですか?」受付「いやそのカンジじゃなくて...」 【あったら嫌な相撲】 「土俵が星型」 【いたら嫌なガンダム】トリプルゼータガンダム zzz・・・ 寝てないで闘え! 【あったら嫌な日本文化】 着物着て 正座して おビールを頂く 「ビール道」 「ナガイ」と申します。 受付「どのような漢字ですか?」「永遠のエイに 睡眠の ミン」です。・・・永眠やがな えっ もんじゃの壁が崩壊した!? 【あったら嫌な前置き】「あんな、絶対言わんでって言われたんやけどな...」............言うてるやん!!! 【言ってはいけないセリフ】大工の棟梁「私、不器用ですから。。」 お菓子を頂いたお礼メールに「お菓子美味でした♪」と書こうとしたらビミまで打ったところで「ビミョー」と出た。「お菓子ビミョーでした。」なんて打つワケないだろ!予測変換空気読めよ! 彼は健康の為の運動として「自由民権運動」を週に二回行っている。 【あったら嫌なシリーズ】「アンコールでゲスト登場」 三味線弾きシシドプロフィール 「都内各地を飛び回り活躍中。」...せまっ!!的な。 【あったら嫌なシリーズ】「実年齢が虚数」。 【ニュース】三味線弾きシシドさんの精神年齢が114歳となり世界最高齢となられましたm(__)m プロフィールに追加 2006年 津軽三味線小山流の門を叩く。 2011年 校長先生の頭を叩く。 「君今何年生なの?」「三年生。」「何組?」「山口組。」えぇぇぇ!! 英単語はスイスイ入ってくるのに民謡の節が中々入らない。私の名言「三年かかって覚えたものは三年かからないと忘れない」 SAVE MYSELF. 民謡の伴奏楽器である津軽三味線にロックの精神を取り入れ普及させたのが吉田兄弟。ロックに民謡の精神を取り入れ普及させたのが寺内タケシ。もうワケが分からん 広告配信メールを解除してください。とメールを打ったら「ご連絡ありがとうございます。」というタイトルのメールが返ってきた。その強さを見習いたい。

文化体験事業の難しさ

文化体験 shamisen lesson kote lessson FNDJPNさんより文化体験の申し込みがありました。 http://findjpn.com/ 文化体験の難しさは 料金設定。 勿論多ければ多い程いい 先生側と 安く 提供したいオーガナイザー、 安く体験したい旅行客とのバランス。 今回は3000円で津軽三味線・箏を体験していただき お茶も提供しましたが 彼に直接聞いてみたら「お茶菓子もついて」3000円ならちょうどいい。 とのこと。 先生側からすればそんなんじゃやってられない価格。 私は実家でやっていて 英語の勉強になり文化体験に力を入れているから この価格で出来ますが、 たとえば茶道とか 賃貸借りてお菓子用意して お茶こして掃除して、着物着て この価格では提供できないでしょう。 そういえばbankruptした文化体験会社は10000円以上取ってたモンなぁ。。 通訳ガイド着くと一気に値段が跳ね上がるので 英語しゃべれる日本文化の先生が必要なんです。 先生自体少ないのに英語まで話せて3000円ではビジネスになりませんね。 逆に考えると私もアメリカに行って1万円払ってバンジョーを体験するかと 言えば「NO!」でしょう。 私もmaking money したくて夢を持ってインバウンド業界にはいりましたが 今はもうほぼ趣味としてやっています。 彼とすれば「他にも茶道・書道・忍術・剣術」などパッケージツアーにすれば もっと1万円近くでも取れるという考えでした。 一つ問題があって、「文化」というのは「観光」と違って輸出できちゃうんですよね。 海外の輸出に成功しているのが 武道と尺八。 柔道はフランスの方が日本より従事人口が多いのは有名だし、 尺八も外国の方が従事人口が多い、と聞いたこともあります。 輸出に成功してないのはなんらかの理由があるワケで、、 中々難しいところですね。 ただメディア的にはappealingなようでよく取材は受けます。(モチロンタダ) http://www.nikkei.co.jp/japanreport/ja/ ピンクカウ「Japanese Lounge Night」が日経ジャパンレポートに取材されました!2011/12/19(月) 05:15 BSJAPANほか Ustream でも配信予定です。 ↑こういう書籍もあります。 演奏情報 http://www.shamimaster.com/informationj.html 新宿津軽三味線教室 http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html 津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室 三味線弾きシシド(小山貢山) Shamimaster toshi

文化体験事業の難しさ

文化体験

shamisen lesson


kote lessson



FNDJPNさんより文化体験の申し込みがありました。

http://findjpn.com/

文化体験の難しさは

料金設定。


勿論多ければ多い程いい 先生側と 安く 提供したいオーガナイザー、

安く体験したい旅行客とのバランス。


今回は3000円で津軽三味線・箏を体験していただき


お茶も提供しましたが

彼に直接聞いてみたら「お茶菓子もついて」3000円ならちょうどいい。

とのこと。


先生側からすればそんなんじゃやってられない価格。

私は実家でやっていて 英語の勉強になり文化体験に力を入れているから

この価格で出来ますが、

たとえば茶道とか 賃貸借りてお菓子用意して お茶こして掃除して、着物着て

この価格では提供できないでしょう。



そういえばbankruptした文化体験会社は10000円以上取ってたモンなぁ。。



通訳ガイド着くと一気に値段が跳ね上がるので

英語しゃべれる日本文化の先生が必要なんです。


先生自体少ないのに英語まで話せて3000円ではビジネスになりませんね。


逆に考えると私もアメリカに行って1万円払ってバンジョーを体験するかと
言えば「NO!」でしょう。


私もmaking money したくて夢を持ってインバウンド業界にはいりましたが

今はもうほぼ趣味としてやっています。

彼とすれば「他にも茶道・書道・忍術・剣術」などパッケージツアーにすれば

もっと1万円近くでも取れるという考えでした。



一つ問題があって、「文化」というのは「観光」と違って輸出できちゃうんですよね。

海外の輸出に成功しているのが 武道と尺八。

柔道はフランスの方が日本より従事人口が多いのは有名だし、

尺八も外国の方が従事人口が多い、と聞いたこともあります


輸出に成功してないのはなんらかの理由があるワケで、、





中々難しいところですね。


ただメディア的にはappealingなようでよく取材は受けます。(モチロンタダ)

http://www.nikkei.co.jp/japanreport/ja/ ピンクカウ「Japanese Lounge Night」が日経ジャパンレポートに取材されました!2011/12/19(月) 05:15 BSJAPANほか Ustream でも配信予定です。




↑こういう書籍もあります。





演奏情報
http://www.shamimaster.com/informationj.html

新宿津軽三味線教室
http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html

津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室
三味線弾きシシド(小山貢山)

Shamimaster toshi

外国人のアテンド二件

rodrigo

ジャスティンさん

武美さんと


ピンクカウではスペインからのロドリゴさんのアテンド、

日本のTASCAMというボイスレコーダーが欲しいというので

海外発送はできないらしく

御茶ノ水の店に代理で予約。無事ゲットできたようです。

善養寺恵介 先生という方のレッスンを録りたいということでしたが、


善養寺先生はほぼ生徒が外国人ばかりだそうです。

普段ピンクカウでは洋楽と和楽器のコラボが多いのですが

ジャスティン泉龍さんとロドリゴさんは本曲がほとんど。

日本人と外国人の尺八への向き合い方の違いを感じました。


グレッグさんが広原さんとお友達で会いたいというので

アテンドを行いました。


グレッグさんは携帯をローミングにしてないので

携帯が使えない。

夜11時にしかあえないと言うので

一緒に弾けるようカラオケボックス予約して、

電車が無いから


終電後のバスの時間調べてバス停までアテンド。


今回は 通訳までやりました。


itinerary(旅程表)も完璧。



後は通訳ガイドの試験に受かるだけやな。



いや三味線頑張れ。

外国人のアテンド二件

rodrigo ジャスティンさん 武美さんと ピンクカウではスペインからのロドリゴさんのアテンド、 日本のTASCAMというボイスレコーダーが欲しいというので 海外発送はできないらしく 御茶ノ水の店に代理で予約。無事ゲットできたようです。 善養寺恵介 先生という方のレッスンを録りたいということでしたが、 善養寺先生はほぼ生徒が外国人ばかりだそうです。 普段ピンクカウでは洋楽と和楽器のコラボが多いのですが ジャスティン泉龍さんとロドリゴさんは本曲がほとんど。 日本人と外国人の尺八への向き合い方の違いを感じました。 グレッグさんが広原さんとお友達で会いたいというので アテンドを行いました。 グレッグさんは携帯をローミングにしてないので 携帯が使えない。 夜11時にしかあえないと言うので 一緒に弾けるようカラオケボックス予約して、 電車が無いから 終電後のバスの時間調べてバス停までアテンド。 今回は 通訳までやりました。 itinerary(旅程表)も完璧。 後は通訳ガイドの試験に受かるだけやな。 いや三味線頑張れ。

身長差40センチのガイド

a0853d2e.jpg
c9e9b0a0.jpg
ロサンゼルスからお越しのグレッグさん。亀屋邦楽器さん (英語をしゃべれる店員さんがいるため) でべっ甲バチをお買い求めになりました。英語いっぱい喋って楽しかった♪ ちなみにフェイスブックで友達になりました。身長差は40センチでした。
もちろん「報酬は受けて」ませんよ! 通訳ガイド全科目不合格男ですので(現時点) 店でグレッグさんが弾いた時お店の人が「上級者だね」 と言ってたけどあれは「本音ですか?建前ですか?」と聞いてきて爆笑した(笑) その後「好きな三味線奏者」を聞かれその後 「本音ですか?建前ですか?」 と負けじと返しましたm(__)m あ〜楽し(笑)

歌舞伎と津軽三味線のコラボレーション(動画あり)

歌舞伎と津軽三味線のコラボレーション 外国人の集まる渋谷のバー、ピンクカウに置いて毎月1回行われる フリーエントランスイベント。 日本文化に関わる外国の方や MCも英語で国際色豊か。 続きを読む

スポンサーリンク

Profile

三味線弾き獅子道

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク

Recent Comments
  • ライブドアブログ