三味線弾きシシドの「日本文化ゎやばい!」

津軽三味線、箏(琴)、沖縄三線を 演奏する、 三味線弾きシシド(小山貢山)のブログ。茶道、合気道もたしなむ日本文化体験&発信記。

沖縄三線

涙そうそう(tears for you) 英語歌詞

http://www.youtube.com/watch?v=FDDA03gKAPE

涙そうそうの歌詞のカナダの生徒さんに起こしてもらったので

一人で置いとくのも勿体ないのでブログに書きます!

Nada soso

Turning the pages of old photographs.
I whispered thanks to each and everyone.
Deep in my heart you have come come to live
Sure as the sun to see me through come rain or shine.

However the lay maybe.

You sheltered me with your smile.
However far your memories may have traces of you

I hope to find that you are here I in my tears.

Come rain or shine however the lay may be
you sheltered me with your smile.

But as each memory you faces away.

I'm so alone.

Langing for you

You're on my mind as I drowned in my own tears

Missing your soul, I'm misssing soul.

You're on my mind as I drowned in my own tears






演奏情報
http://www.shamimaster.com/informationj.html

新宿津軽三味線教室
http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html

津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室
三味線弾きシシド(小山貢山)

Shamimaster toshi

本土では床の間に刀、沖縄では三線、、、

本土では床の間に刀があり、

沖縄では床の間に三線があったという

話があります。

三線と言うと蛇皮の三線が有名ですが、

琉球王朝の時代、すなわち中国から

三味線が渡ってきたときから既に

蛇皮は海外からの輸入に頼っていたため、

(沖縄のニシキヘビでは大きさが足りない)

一部の富裕層の家にしかなかったそうです。

そういうわけで、家宝として大切にされていた

三線があったわけです。。



昨日、武道具のカタログを見ていると、

なにやら見覚えのあるものが、、

↓日本刀をかけて置く、刀掛 ですが、、
http://www.setocut.co.jp/bijutsut.html
(ページ下部)

刀置き





http://sanshin.ohah.net/sanshin2/tate.shtml
 三線立て


↑三線立てとまったく同じやん!(私の家にあるのと同じ)

うーむ。やっぱり噂は本当そうだ。。
同じところが作ってるんだろうか。。














↓これにもちょっと似てる。。。(爆)


バカ殿






↑コレね。コレは刀掛けの方です。


演奏情報
http://www.shamimaster.com/informationj.html

新宿津軽三味線教室
http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html

津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室
三味線弾きシシド(小山貢山)

Shamimaster toshi

琉球民謡協会関東支部総会 /kossanの会 okinawan folk song association

昨日は一日三線づけでした。

I played sanshin all day long.


三線の大合奏です。


The amsenble of sanshin.
琉球民謡協会東京支部総会
メガネスーツ三線


glass sanshin


琉球民謡協会関東支部のページです。
http://homepage2.nifty.com/meisei3shin/page008.html

琉球民謡コンクールに出ると

新人賞(合格率86%)→優秀賞(69%)→最高賞(28%)→教師→師範

のようになっており、

その上さらに最高師範がいらっしゃいます。


師範3名、教師12名、会員約250名を抱える大支部となっております。

最高師範が一名いらっしゃり、師範を取ると教師が出せるというので、

家元制を採用してることに今さら気づいた。


In okinawan minyo association, we have 250 members.

The grading system is the new comer's award -> outstanding performance award
->the best award -> teacher grade -> master grade

If we get master grade, we can give teacher grade.


and above that, we have grand master.


ayasanshin


教師試験を合格された綾さんの演奏

「多幸山」です。いかにも民族音楽!というような歌を

早弾きで。

The phto above is the performance of takoyama, Mt.happiness.

The song was like the movie below.

参考



そのあとはNY在住の三線弾き、kossanの会で。

宮古の人が始めた全国的な三線組織、クイチャーパラダイス
の楽譜を見せていただきました。

ヒヤミカチ節合奏は愉しかったですな。


kossan

宮古の民謡の歌詞には

「す」 に「ぴ」のような 破裂音の記号がついたりするのですが

これは 「ず」のように息をもらしながら発音するようです。


↓三線を始めたい方はこちらで、、
激安三線です。

You can get the sanshin here!





津軽三味線・琴・沖縄三線 演奏 教授

宍戸俊信(小山貢山)
http://www.shamimaster.com/三味マスタードットコム
shamimaster toshi

でーびる

写真を整理していたら、昔の写真が出てきた。

立ち三線
右肩が下がっていて実に見苦しい。




三線のカチャーシーの曲、豊年音頭を

練習していたら

「豊年でーびる」と出てくる。




にーふぇーでーびる(ありがとうございます)

というウチナーグチがあるそうなので、


「でーびる」はどういう意味なのかと

思って調べてみた。







デビルとデーモンは次のような違いがある。


でーびる

でーびる

でーもん


でーもん

デビル=キリスト教の神と敵対する存在としての「悪魔」

デーモン=ギリシャ神話における神の教えの外にある存在としての「悪魔」(というより「魔物」に近い。)


デビル=不神

デーモン=非神

みたいなもんですね(^^♪


本当の意味が知りたい方はこちらで↓




津軽三味線・琴・沖縄三線 演奏 教授

宍戸俊信(小山貢山)
http://www.shamimaster.com/三味マスタードットコム
shamimaster toshi

台湾語と日本語の共通点 -common word between taiwanese and japanese

かりゆし1
かりゆし2
かりゆし3


三線の生徒さんで英語をしゃべるタイからの留学生(KENさん)

の方と、通訳の生徒さんで三線が習いたいということで

来ている二人の生徒さんを引き連れ、

新宿三丁目の沖縄料理かりゆし に行ってきました。


演奏タイムは飛び入り可なので生徒さんにも弾いてもらいました。

KENさんが6人も友達を引き連れ、

ほとんどが留学生だったので国際色豊かな会になりました。

アメリカオレゴン州の大学から早稲田大学に移ってきた

仲間たちだったようです。

出身国はタイ、アメリカ、シンガポール、韓国、中国、など

アジア系の方たちでした。


I brought two of my sanshin student to okinawan
restarurant and I played with them. One of them is translator,and
the other is foreign students of waseda univeisty.
He took other foreign students,so it was like a international party.
They are from Thailand,Singapore, China, Korea, USA.


I think foreign student from asia is shy and polite.



アジアの学生さんはみんな shyでpoliteですな。

カチャーシーもなかなか参加しづらかったようです。


KENさんのお祖母さんは沖縄の方で、

昔は沖縄からタイに移民した時代があったようで、

タイに移り住んだようです。

ken's grandmother is okinawan, because formerly
people migrate to thailand from okinawa.


隣に座ったマイケルさんの話によると、

台湾は昔日本に統治されていたので台湾語には

日本語と同じ単語がまだ残っているようです。


And Michael from Taiwan said there are the same taiwanese

as japanese because japan control taiwan once.

おじさん、おばさん 、

などがそうだそうです。

unchan(casual word for driver)
ojisan(older guy ) obasan(older lady)

詳しくはこちら

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E8%AA%9E







津軽三味線・琴・沖縄三線 演奏 教授

宍戸俊信(小山貢山)
http://www.shamimaster.com/三味マスタードットコム
shamimaster toshi

M−1ファイナリスト 「ナイツ」のサイン autograph of m-1 finalist, nights.

d53ccde1.jpg

昨日は新宿三丁目の沖縄料理かりゆしで、かりゆし三線クラブの忘年会でした。

結婚のお祝いまでいただいて嬉しいことです♪


I had a end year party of Kariyushi sanshin club yesterday.
I was really happy to be cerebrate our wedding.

M−1の決勝まで進んだ
ナイツのサインが靴箱にありました。

(決勝戦だけ見てました。)

下の方ねw

The autograph of japanese comedian nights, was on the shoe box.


昨日の三線の忘年会では演歌歌手の方が習いにいらっしゃってるのですが津軽三味線を昔やってたそうでまた私に習いにくるかも…とのことでした☆彡


そしてまた別の方にたまたまブログ見たよ〜と言われました。国際交流系の活動に興味を持ってくださったようで、「三線を使った英語勉強法を調べていたら、一番上に出たよ」とのことでした♪確かに「三線 英語」「三味線 英語」では1位か2位に出てくる。
同好の志が増えそうです♪







津軽三味線、琴、沖縄三線演奏 教授
宍戸俊信(小山貢山)http://www.shamimaster.com/
三味線弾きシシドshamimaster toshi  三味マスタードットコム

通訳ガイドの陽子さんとかりゆしでオフ♪

なるほど陽子

同じところ(やまとごころ)

http://www.yamatogokoro.jp/blog.html

でブログを書いている通訳ガイドの陽子さんと

水曜日、私が三線を習いに行ってる新宿三丁目の

「本場沖縄料理かりゆし「http://www.kariyushiclub.com/

の三線の稽古でお会いしました。


「少年みたい」といわれましたが

もうすぐ30ですよ。

骨軟化症の 少年なんて聞いたことありませんm(__)m


陽子さんが三線の稽古の様子をyoutubeにアップしてくださったので




先生とのツーショット

留美子先生



陽子さんのお客さんで先生に似てる外国の方

似てる人


、、、、、(汗)



陽子さんブログ
http://www.yamatogokoro.jp/yoko/2008/12/post_44.html






津軽三味線・箏・沖縄三線 演奏・教授

三味線弾きシシド(小山貢山) shamimaster toshi

http://www.shamimaster.com/ 三味マスタードットコム

エイサー対決(三線ー対決)ガーエー battle of eisah

http://shamimaster.livedoor.biz/archives/51124709.html

I found Gaheh, Sanshin fight movie that I introduced on the link above.

でご紹介した



ガーエー(エイサー同士の喧嘩祭りみたいなん)


動画を琉球さんのところで知りました♪




これは画像で見てても
大迫力ですな。

How wonderful!









津軽三味線・琴・沖縄三線演奏・教授
三味線弾きシシド(小山貢山)http://www.shamimaster.com/三味マスタードットコム

英語で三線レッスン Okinawan sansin lesson in English

e91c9047.jpg


昨日は早稲田大学の学生さんが三線を習いにきました。

留学生で日本滞在が二か月の為すべて英語。

Yesterday I had a okinawan sanshin student.

He is a foreign student and he've been in
Japan only two months, so I taught sanshin only in English.


本で勉強してるから実際はちょっとキツイのだけど。。


こんなサイトがありました。

I found the site

English for tsugaru-shamisen player
津軽三味線奏者のための英語
http://www.shamimaster.com/shamsienterm.html

English for tea ceremony
茶道のための英語
http://www.shamimaster.com/sadouterm.html


、、、


って自分のサイトやん!


,, This is my site! lol

3年生の留学生なので来年帰ってしまうそうですが、
とりあえずは毎週くらい通いたいとのことで、

初めてできた外国人の生徒さんとなりました。

He said he will go back to U.S next year,
but he is the first foreign student for me.



今週末のTOEICを代わりに受けてくるように

お願いしました。

I asked him to take TOEIC test instead of me.


、、、


なわけないよん。
NO WAY!






津軽三味線・琴・沖縄三線演奏・教授
三味線弾きシシド(小山貢山)http://www.shamimaster.com/三味マスタードットコム

琉球の語源 the derivation of word "Ryukyu"

沖縄の語源はネットでもすぐ検索できるが

「琉球」の語源となると意外に載っていない。

We can search on the internet about the etymology of the word "okinawa"
but we find it difficult to search about the etymology of "ryukyu".
 

世界のドラゴン大辞典 廣済堂 刊



に載っていたので( ..)φメモメモ


According to the article of The dictionary of dragon in the world,




虬竜(きゅうりゅう)

----------------------キリトリ----------------------------
蛟(みずちhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9B%9F
の一種で、こちらは体が青色で角が生えている。

その昔、備中(岡山県)にある河島川の分岐点には毒を持つ

虬竜が棲んでいたといい、そこを通るものの多くが毒に

当てられて死んだと伝えられている。

また虬竜は怪魚だとの説もあり、これはインドの経典が

中国で訳されたときに、シシュマーラという怪魚が「虬」

と訳されていることが根拠とされる。

琉球の名の由来

沖縄県はかつて「琉球」と呼ばれていたが、

これは琉球最初の王統である天孫氏が虬を倒して

海に流したことから、島に「琉虬」の名がついたという

伝説による。

その他にも虬の上下の顎から「琉」と「球」の玉を

得たからとも言われる。

滝沢馬琴の小説「椿説弓張月」(ちんせつゆみはりづき)

はこの伝説をもとに書かれているそうだ。

----------------------キリトリ----------------------------

The derivation of "Ryukyu"

Okinawa was once used to be called "ryukyu"

but this is from the story that tenson, the first royal family in okinawa
beat out the Kyuryu, the okinawan dragon and throw it into the river.

So they called the island "Ryukyu".




こっちには
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%89%E7%90%83%E7%8E%8B%E5%9B%BD
「りゅうきゅう」は元来中国の史書『隋書』卷81 列傳第46 東夷 流求國に記述される、大業6年(610年)に隋の属国にされた国の呼称流求によるものである


こう書いてありますけどね。




蛟 も 虬 も中国のドラゴンらしいので、
やっぱり
「琉球」というのは中国の方がつけたんですね〜





コメントくださった方によると、、

琉球の語源は、wikipediaに書かれているとおり、隋書の流求国伝から来ているようですが、別の視点で同様の話が井沢元彦氏の「逆説の日本史」にも出ています。

こちらです。




この本には、「沖縄からアジアを見る」という本からの引用が取り上げられていて、流求という言葉は古い中国の発音だと夷邪久(イヤク)と酷似しているそうです。この夷邪久は、今でいう屋久島のことを指すのだそうです。それから現地人がイヤクと言っていた事に対して、流求という言葉をあてたのが14世紀以降のことで、明の光武帝が琉球中山王に与えた銀印に刻まれ、それが定着して現代に至るそうです。

日本(ニホン)
 ↓
日本(ジューベン?ジッポン?中国読み)
 ↓
ジパング

上記のような流れと同様のケースではないかとのことでした。


ちなみに、奈良時代に何度も漂流し失明しながら日本にたどり着いた鑑真和尚の伝記『唐大和上東征伝』には「阿児奈波」に漂着したとの記述があるそうです。これが今で言うオキナハの語源だろうと同書で井沢氏は述べています。

また、夷邪久を流求と当てたのだとすると、屋久島周辺を指す事になり、沖縄全土を指す言葉としては、鑑真和尚の阿児奈波の方が現地人が元々呼んでいた呼称である可能性があるとも指摘していました。


津軽三味線・琴・沖縄三線演奏、教授

三味線弾きシシド(小山貢山)http://www.shamimaster.com/三味マスタードットコム

スポンサーリンク

Profile
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク

Recent Comments
  • ライブドアブログ