三味線弾きシシドの「日本文化ゎやばい!」

津軽三味線、箏(琴)、沖縄三線を 演奏する、 三味線弾きシシド(小山貢山)のブログ。茶道、合気道もたしなむ日本文化体験&発信記。

茶道

上田宗箇流 武将茶人の世界展

今月の東京お稽古場の会記です。


掛物  草庵 大綱和尚
花入  備前 三角 村田眞人
香合  干支 今井正之
棚   丸卓
水指  伊賀 土楽
    高取 
    備前
濃茶入 瀬戸間道裂
    茶桶茶入
薄茶器 面壁茶入
    老松 平棗 中次
茶杓  宗源家元作 銘 冬至
濃茶碗 熊川
薄茶碗 御本狂言袴 清水六兵衛 
    干支 朝日 松林豊斎
蓋置  中村翠嵐 唐津
    山反倉丸三宝 黄瀬戸
建水  渡金・唐銅 竹糸目・備前
水次  菊切腰黒
菓子器 備前「只楽」
    木地宮島飛騨高山塗




↑茶人としての宗箇を知りたい方はこちらで

創始者の宗箇は、戦となれば常に一番槍を目指し、脛質にして雅文(力強くて雅び)竹花入にナタ目を入れたのも宗箇が最古(諸説ありますが)と言われる

銀座の松屋 にて宗箇展が12月31日〜1月16日に行われ、1月12日〜16日は添釜(お茶を振る舞うこと)もあるそうです。



↑上田流好のお茶です。



皆さん良かったら見てみてくださいね♪

2006年12月17日にもこの禅語について書いておりました。

http://m.mixi.jp/view_diary.pl?guid=ON&id=294544771&owner_id=318921

茶道も始めてもう6年にもなるのか…

6年の間に少しは花開いたかな…



武将茶人・と変換しようとしたら不精茶人と誤変換されました。

なんて失敬な。茶事と言えば客を招く際庭の掃除から

畳のから拭き・障子のさんまで掃除をするもの。

不精では茶人は出来ますまい笑


三味線弾きのクセに遊んでばかりいるなと思ったそこのアナタ!



2012年1月2日 11時〜 14時〜の2ステージ

銀座三越9Fガーデンプレイス

にて「和洋奏春」で

和太鼓の岡村竜司さんと
ギターのSHUNさんと

演奏の仕事が決まりました。


フリースペースなのでお気軽にいらしてください。



演奏情報
http://www.shamimaster.com/informationj.html

新宿津軽三味線教室
http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html

津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室
三味線弾きシシド(小山貢山)

Shamimaster toshi

お茶のお運び

82bba670.jpgお茶のお運び終了

この後自宅で8時から三味線のお稽古です♪

9時からはケンタッキーに住んでらっしゃる生徒さんの津軽三味線のスカイプお稽古♪


Carrying tea at tea ceremony. I will have shamisen lesson at 8pm at home and 9pm on skype with a student in the U.S.


茶道やってると「表ですか裏ですか?」と聞かれる。コイントスかよ!!




武家茶道上田宗箇展

一昨日・昨日・今日と茶道上田宗箇流の稽古に参加しました。

今月は茶人の正月とも言われる炉開き。

会記

宗翁様 松樹千年翠

花入 唐津 坂田沢革
水指 瑞芝青磁俵型
高取(安閑亭常什) 信楽(安閑亭常什)
棚 丸卓
濃茶入 上野
瀬戸肩衝
真塗棗 棗用仕覆

薄茶器 折鶴蒔絵棗 高中隆二

茶杓 加計静堂宗匠 鷹ケ峯

濃茶碗 井戸 鄭湧水

薄茶碗 対州御本
替 織部菊 藤葉不柳 丸三宝 宮島

建水 萩 青海 波 木地曲
水次 菊桐地紋 ・腰黒

菓子器 宮嶋・一閑・山中塗



↑茶人としての宗箇を知りたい方はこちらで

創始者の宗箇は、戦となれば常に一番槍を目指し、脛質にして雅文(力強くて雅び)竹花入にナタ目を入れたのも宗箇が最古(諸説ありますが)と言われる

銀座の松屋 にて宗箇展12月31日〜1月16日に行われ、1月12日〜16日は添釜(お茶を振る舞うこと)もあるそうです。

来週月曜のNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に上田流の稽古で使われていた(ただいま改修中)白金高輪「重秀寺」が出るそうです!


皆さん良かったら見てみてくださいね♪


三味線弾きのクセに遊んでばかりいるなと思ったそこのアナタ!



明日11月27日(日)16時〜16時半

東西線南砂町駅ショッピングモール「SUNAMO」 1F インフォメーションセンター前広場にて

南砂町カルチャーセンター津軽三味線講座開講告知も合わせ

貢山会にて津軽三味線の演奏を致します。


フリースペースなのでお気軽にいらしてください。



演奏情報
http://www.shamimaster.com/informationj.html

新宿津軽三味線教室
http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html

津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室
三味線弾きシシド(小山貢山)

Shamimaster toshi

東放音響専門学校での講義・茶道の中置

805b7dfb.jpg月曜は東放音響専門学校で津軽三味線と箏の講義。

楽器の構造と材質・音の取り方
津軽三味線じょんがら節の定義・
箏と琴の違い・

等について講義させていただきました。

やはり三味線の分解はウケますね(^^ゞ

あと
三味線・箏・尺八の改造楽器
http://shamimaster.livedoor.biz/archives/50835462.html

も結構ウケが良かったですね♪


チョークで黒板なんか初めて高校以来だわ。。


(楽器のはじめたきっかけとして)「いつ目覚めたんですか?」「今日は朝8時くらいに…」あれは渾身のボケだった!



先週木曜の茶道上田宗箇流の会記です。


今月は中置と言って11月の炉開きの前に寒くなるので水指を遠ざけ

火を近づけるイレギュラーな形で1年に一回しかやらないので

毎年苦労します


掛物  中次 中院通彌 重陽周詠菊庭満和歌
花入  宗全籠 門田篁王
水指  朝日細 松林豊斎
    志野
    高取
濃茶入 瀬戸肩衝
    丹波
    棗 棗用仕覆
薄茶器 秋草蒔絵棗
    老松
    中次・平棗
茶杓  川崎幽玄作
濃茶碗 萩 筆洗型
薄茶碗 楽山長岡宗味
替   赤紫野焼
    三玄院大眞師
    秋草 薩摩
蓋置  丸三宝・高取
建水  木地曲 布志名
    備前・
水次  腰黒
菓子  一閑 雅峯
焼締  藤葉不柳
木地盆 小松寿山


今週末は私の生徒さんの発表会です♪


2011年10月23日(日)
12時45分開場・13時開演

宮地楽器吉祥寺5階ダンスホール
http://www.miyajimusic.com/school/kichijoji/

今回は唄い手さんも来てくださいます!

無料


三味線習うのに興味ある方は来てみてくださいね!





茶人上田宗箇について書いてある本です。


↑武将としての上田宗箇について書いてある本です。



演奏情報
http://www.shamimaster.com/informationj.html

新宿津軽三味線教室
http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html

津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室
三味線弾きシシド(小山貢山)

Shamimaster toshi

お命頂戴いたします。

c0d82017.jpgこの前名取さんが家にいらしてお茶を入れたところ重大な間違いに
気づいた。

お客さんは自分の右側にいないといけないのだ。

考えてみると当たり前の話で、建水は水を捨てるところで

自分の左側にある。そちらをお客さんに見せることになるので

左側にお客さんが座ってるのはどう考えてもおかしい。



武家茶道上田宗箇流 今月のお稽古です。

掛物  亀 千種有文
花入  備前旅枕 青葉太陽
香合  好 干支 金城一国斎 小松松斎
棚   丸卓
水指  伊賀 土楽 
    萩
    高取(安閑亭常什)
濃茶入 信楽肩衝 三玄院 大眞師作
    茶桶茶入 
    棗・棗用仕覆 茶桶箱
薄茶器 松笠蒔絵棗 中次 平棗 金輪寺
茶杓  宗源家元作 銘 冬至
濃茶碗 萩
薄茶碗 筒 清水六兵衛
    替 干支 朝日
蓋置  翠山嵐・朝日束柴
    岩倉丸三宝・黄瀬戸

建水  宮島白・唐銅
    竹糸目・備前

水次  菊桐腰黒
菓子器 焼締 藤葉不柳
    織部角盆


お茶を頂く時に、
「お点前頂戴いたします」というのですが、


間違えて

「お命頂戴いたします。」と言ったら三文時代劇になる。

仕込み刀シャキーンと出して「お前は、、!?ぐはっ」

みたいな。


写真は巴透かしの蓋置きです。小山流の紋が巴紋なのでいいかと思ったら

小山流は二つ巴でしかも巻き方が違うのね。。





↑上田宗箇流 お家元が描いた本です。

演奏情報
http://www.shamimaster.com/informationj.html

新宿津軽三味線教室
http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html

津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室
三味線弾きシシド(小山貢山)

Shamimaster toshi

芋のつるで釜の赤さびを、、

茶道の鉄釜が赤さびが出てきたので、

買い換えなきゃいけないのかなーと思って

一昨日の茶道の武家上田宗箇流のお稽古で聞いてみたところ

「いものつるを入れて煮るといいいんですよ」

と教えてくださいました。


芋といってもさつまいもだそうです。


ちょうど芋ほりをしてきた先生が芋のつるをくださいました。

早速炊いてみようと思います。


考えてみれば100年前の釜とか使ってるんだから
買い換えないといけないとなったら偉いことになるな。。


今月は炉開きと言って茶人の正月とも言われるめでたい時期なので

おめでたいお道具がいっぱい来ております。

今月の会記

掛物  宗翁様    松樹千年翠
花入  瀬戸天晴釉  素山
香合  志野州浜型  藤葉不柳
水指  瀬戸一重口  皿貝実作 信楽
濃茶入 丹波肩衝(安閑亭常什器) 梔象嵌(今井政之)
薄茶器 宗箇松 蒔絵棗 一瓢斎 中次 平棗 金輪寺
薄茶杓 橘 宗義師作
濃茶碗 萩 大和吉孝
薄茶碗 安南紀州楽
蓋置  織部朝日束柴 宮嶋紅葉 唐津丸三宝
建水  宮島白 渡金 砂金袋 木地曲
水次  木地片口

菓子器 角切足付象彦 梨地松竹梅蒔絵盆




↑上田宗箇流 お家元が描いた本です。

演奏情報
http://www.shamimaster.com/informationj.html

新宿津軽三味線教室
http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html

津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室
三味線弾きシシド(小山貢山)

Shamimaster toshi

武家茶道 上田宗箇流稽古

先週木曜の上田宗箇流の稽古の日記です。


掛物  久我道久
    晴るるかと思えばかかる 秋霧に 嶺の紅葉の色勝りゆく

花入  宗全籠 門田篁玉
水指  朝日細 松林豊斎
    志野 信楽
濃茶入 丹波肩衝(安閑亭常什)
    萩 茄子 宇田川玄翁
    棗用仕覆
薄茶器 木地中次 厳島昇斎
    老松
    金輪寺・平棗
茶杓  加計静堂宗匠作 鷹ヶ峯
濃茶入 萩 筆洗型
薄茶碗 楽山 長岡空味
替   秋草薩摩
蓋置  丸三宝 宮嶋(もみじ)
    和蘭・織部
建水  竹糸目・渡金 備前 唐金
水次  菊桐地紋・腰黒
菓子器 一閑 雅峯
    焼締 藤葉不柳
    根来



本日は中置の稽古でした。

この時期寒くなり始めるので、客に水指を客から遠ざけ

火の気を近づけるよう

風炉を畳の中央に置く扱いをするのです。

茶入の紐の結び方
ttp://lorenzo.blog23.fc2.com/blog-entry-848.html




4年もやってるとさすがにマニアックになってくるな。。笑

美術関係の方はお稽古場に沢山いるのに音楽関係は殆どいないのは
何故でしょう。


濃茶二服いただいたので2時まで眠れませんでした。


↑来年銀座の松屋で上田宗箇展があるそうです。


演奏情報
http://www.shamimaster.com/informationj.html

新宿津軽三味線教室
http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html

津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室
三味線弾きシシド(小山貢山)

Shamimaster toshi

とにかく稽古に出ること

確か 合気道の越年稽古の直来の時だったか、

ある先生が

道主曰く「とにかく稽古に出ること」

という言葉を紹介していただいた。




上達しないからとやめてしまったり、

上達が見込めないから行動を起こさなかったり

そういう例がいかに多いことか。


上達しないから稽古に出るのだ。


上達云々考えるのも勿論大事だが、

それにはまず「稽古に出る」ことが大前提だ。







むしろ上達出来ないのに何十年も続ける方が精神的に深いのでは

とすら自分には思えるのだ。


やはり先生といえども出来ない気持ちを味わうというのも大事だ。


先生は仕事だからほっといても稽古するだろうが、

先生が趣味でやってることが続いてなければ

やはり生徒さんにも「続けなさい」といえないのではないだろうか

と個人的に思う。


私も英語を毎日勉強しているが、

やはり仕事で忙しい中別の習い事を続けるというのは至難の技だ。


仕事で忙しい中 他のお稽古をする、という大変さを

先生こそ身をもって味わうべきではないかと思っている。






それにはまず自分が実践しなければならない。

ということで茶道のお稽古に行って来ました。




今月の会記

掛物 郭公 千種有功
花入 時代手付籠(安閑亭常什)
香合 (竹占)船
棚 丸卓
水指 縄簾 長岡空権
朝日
汲桶(春慶塗)
濃茶入 萩茄子 宇田川玄翁 宝尽竜紋錦
雲鶴青磁(安閑亭常什)
棗・棗用仕覆
薄茶器 折鶴蒔絵棗 高中隆司
金輪寺
老松

茶杓 三玄院大眞師作
他三本
濃茶碗 井戸 申ハンギュン
薄茶椀 安南 平
替 雲間に時鳥 大樋
他五碗

蓋置 京焼木賊 ・和欄写
緑釉つくね・丸三宝
建水 唐胴・備前
木地曲・宮島
水次 腰黒・寸胴型
菓子器 焼締 木村芳郎四方
木地


上達しなくて毎回怒られてるけど

「それが大事」なんですよね。私にとって。




「昔やってた」というのは何の自慢にもならない。

いつまで続けられるか。。



↑いよいよ流祖登場!



演奏情報
http://www.shamimaster.com/informationj.html

新宿津軽三味線教室
http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html

津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室
三味線弾きシシド(小山貢山)

Shamimaster toshi

お茶碗を回す理由

茶道というと

客作法として「お茶碗を回す」ことはよく知られている。


これは正面を向けて出されるものを

謙虚な気持ちで正面を避けて飲むというところだそうです。


以前dir茶道コミュにて
「正面を向けて出されたなら正面から飲むべきなのではないでしょうか」

とのコメントがありました。


正面を避ける(お茶碗を回す と書くと素人くさいのでこう書く)

のは実は絶対ではなくて、松尾流という流派では回さずに
正面から飲むようです。


松尾流サイトより
http://www.matsuoryu.com/tokucho.html

茶碗を回さない
 お点前をいただくときには茶碗をどれだけ回すのかという疑問を持たれる方が多いかと思いますが、松尾流では基本的に茶碗は回しません。茶碗を回す場合には茶碗の正面(模様などが自分に向いた状態)を避けて飲むという理由などが一般的だと思いますが、松尾流では茶碗の最も良いところから飲むため、お正客には茶碗の正面を向けてお出しし、お客様もそのまま飲んでいただくのが基本です。



また細川護煕元首相は お茶を頂く時に、

正面から飲んで、

「回さないのですか?」

と聞かれ

「うちでは回すように習っておりません」

と答えたそうです。


細川首相は 肥後細川家の第18代当主で、お殿様の血筋ですからね。




そんなワケで別にお茶碗回さずに正面から飲んでもいいと思いますが、


知っててやってるのか知らずにやってるのか、

見る人が見れば分かるので正面から飲むのは避けた方がいいかもしれませんね。



今日の合気道の稽古も道場の正面、

「合気道」の軸の正面、先生のまん前は誰に言われたわけでもないのでしょうが、

やっぱりポッカリ

空いてました笑

今日は外国人が半分くらいでかなり多かったですね。



↑松尾流についても触れてある本です。


演奏情報
http://www.shamimaster.com/informationj.html

新宿津軽三味線教室
http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html

津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室
三味線弾きシシド(小山貢山)

Shamimaster toshi

茶道上田宗箇流 会記

昨日のお茶のお稽古の会記です。

昨日は重ね茶碗をやりました。

他の流儀では重ねないらしいですね。上田流だと重ねて、男性は棗と一緒に、女性は茶碗だけ持って入ります。


覚書として。


会記

掛物 新竹
花入 朱瓶子
   行花台
香合 蛤
水指 染付菱 村田眞人
   鶏龍山 青葉太陽
   朝日
濃茶入 瀬戸肩衝(安閑亭常什)
    吉野間道
    雲鶴青磁(安閑亭常什)
   間道裂
   茶桶茶入
   棗・棗用仕覆
   茶桶箱

四方盆 春日杉 川崎幽玄

薄茶器
柳蒔絵棗
老松平棗
四滴茶入

茶杓 三玄院 大眞師作
   他三本
濃茶碗 萩筆洗型

薄茶碗 対州御本
 替  赤膚
 他  五碗

蓋置 唐津黄瀬戸
   和蘭・尾戸竹

建水 唐銅渡金
   木地曲 備前

水次 菊桐地紋 寸銅型

菓子器 青漆 蓋付 根来丸盆



今日は結婚式での演奏で太神楽の花仙さんと共演します!

スポンサーリンク

Profile
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数

スポンサーリンク

Recent Comments
  • ライブドアブログ