日本だとアーティスト=自己責任
だが
欧米だとアーティスト=自己責任では無い

ことが良くわかるニュース

どちらがいいと言うことは無いが
日本にはアーティストサポートという考えが無い。

ニューヨークのサブウェイミュージシャンも
メザニン(中二階)ではアンプを使っていいけどホームでは使わない、と自分の権利を守る為にきちんと法律を作るのに参加している。

日本は「アーティスト?好きでやってんだろ?」

まぁそれだけハングリー精神が強いのかもしれないね。

私は国に頼ろうとは思いませんがくれるならもらいます。

ドイツ文化大臣「フリーランスの芸術家への無制限の支援」を言明。「われわれは自己責任ではない困窮や困難に対応し、これを救済しなくてはなりません」「政府はいかなるコストを払っても、芸術家を救済する」と。