A photo is a pick for Kouta Shamisen
2nd photo is koto pick

本日はカナダ在住で12年ぶりにお祖母様の葬式に帰ってきたという方のお稽古でした。

公衆電話で電話かかってきて
「ばあちゃんの三味線が、あって1時帰国しててそれを弾きたい」と言うので
予約はしますか?というとまた電話します!とのこと。

5日後の昨日、
本日大丈夫ですか?と電話が急にかかってきたので45分しかないが夜なら空いてます!

とのことで早速お稽古に。

おばあさんの三味線を見ると細棹ではあるが金ほぞ綾杉でとちもでてて中々良い三味線。

ただ分解して持ってきて
中子が外れている。

どうしたのか聞くと
「小さく分解したほうがいいと思って、、」

急遽アロンアルファで接着。

譜尺シールもあったほうがいいということで切って貼り付け。

調弦と撥打ち、抑え方楽譜の読み方を教えて

じょんがら節を私が弾いた後、

小唄をを弾いてみると
「梅は咲いたかですよね!ばあちゃんが唄ってました!」

とのこと。

よく覚えているなぁと思いました。

本日の飛行機でカナダに帰ったようです。

次会えるのは日本では12年後、あるいはニューヨークでしょうか。

忙しい二人のグランドクロス(惑星直列)のお話ですした。

写真は彼が持っていたおばあさんの小唄爪弾き用の爪です(2枚目は琴爪)