Sansa shigure さんさ時雨 旧仙台藩領に古くから伝わる民謡で、婚礼などの祝宴に必ずといっていいほど唄われる格調高い唄で、九州の「黒田節」に匹敵する名曲。伊達政宗の出陣の唄とも、戦勝の唄ともいわれる。「ショウガイナ」を「勝凱」と当て字したり、さらに「メデタイ、メデタイ」と付け加えたりするのは、その起源となっている「凱旋」からきているものと思われる。 The movie above is Japanese traditional folk song in Tohoku area. Everyone in Miyagi prefecture sing the song in wedding. ↑宮城県の知り合いがいる方、ガイドする機会がある方は ぜひ覚えてくださいね♪
小山流のお稽古場で習って ようやく覚えました。 宮城の結婚式だと 黒田節唄ってもダメで、さんさ時雨 覚えてないとダメだそうです。 We usually sing minyo, traditional folk song, kurodabushi in wedding, but in miyagi prefetuture, sansa shigure is more appealing. 津軽三味線の皮を張り替えてしばらくたちますが、 バチ音は大きくなるのですが、音程を聞かせる弦の音は しっかり張った三味線だと逆に小さく聞こえてしまうのです。 It's been a while after changing shamisen's skin, I felt the sound of plectrum had become large, but the sound of string, as it were the pitch of the string become smaller. そこで私は気づきました! 津軽三味線は「打楽器」なのだ!と。 (津軽三味線やってる人には今更、、という感じでしょうが) I think tugarushamisen is percussion rather than string instrument!! 箏を大学で習っていたとき、地歌三味線の授業で 「秋田三味線を触らせてもらったことがあるけど 全然皮を押しても沈みこまなかった」 と驚いておられました。 地歌三味線の先生が驚くくらいだから、 やはり「打楽器的要素」が大きいんだろうなぁ。。と今更気づきました。 津軽三味線・琴・沖縄三線 演奏 教授 三味線弾きシシド(小山貢山) http://www.shamimaster.com/三味マスタードットコム shamimaster toshi