今日は合気道の本部道場の稽古納めでしたが、 Today was the last day of pracitce in aikido headquater. 咳のしすぎで肋骨が痛かったので、今日は見学でしたm(__)m  I was suffering from rib pain because of too much cough. めでたく年内に稽古日数100日達成となりました。 
見学は2回くらいしかしたことないですが、いつもと違うものが見えますね。  正面打ち一教の時に、受けが右で切ってきた場合、切ってきたタイミングに合わせ右半身から左半身に素早く入れ替えることを学びました。 To take aikido 2nd dan , we have to attend the lesson for more 200 days. 合気道の2段の審査の資格は「初段取得後200日以上稽古」なのです。 つまりは「とにかく稽古に出」れば、前進したような気になれるものぐさな私としては素晴らしいシステムなのです(^Q^)/^ 考えてみれば茶道や合気道は他人とのかかわり合いによって上達するわけで、「稽古にでなければ上達しようがない」ですもんね。 合気道の話ばかりなので楽器の話も少し。 I talk only about aikdo, so i want to talk about instruments a little bit. 稽古日誌 秋田大黒舞(津軽三味線) 鳥のように(箏) 恋の花(三線) Diary of pratice insturments Akita-daikokumai(tsugaru-shamisen) Torino-youni(koto) Koi-no-hana(sansin) 大黒舞というと秋田大黒舞がメジャーなのかと思いましたが普通に「大黒舞」と言った場合、山形大黒舞のことを指すようです。 やたらと歌詞が長いので覚えるのに苦労しています。 When we say mere "daikokumai",I thought it meant akita- daikokumai, but it means Yamagata -daikokumai. 鳥のように...はようやく「右手オンリーでハーモニクス」(なんか名前あるんでしょうか?)が出るようになってきました。 Torinoyouni, I became possible to play harmonix with only right hand. 恋の花...は勿論沖縄の民謡ですが、「庭や雪(ゆち)降る」から歌詞が始まります。「沖縄に雪が降るんですか?」と質問したところ「よく聞かれるんですが、雪が降るくらい寒い、ということだね」とのこと。 Koi no hana is okinawan folk song, in the lyrics, we sing from "snow in the garden" I asked my teacher "Do you have snow in okinawa?" She said"We don't have snow, but it's a metaphor of coldness." Jingle bell by shamisen ジングルベルBY三味線 http://www.shamimaster.com/jingurubell.html メリークリスマス☆彡
Merry christmas!!