どうも新しい曲弾きが思いつかないので、 津軽三味線の友達に相談してみると 今の津軽三味線全国大会で出てくる手は、 ほとんど軍八郎手と言って白川軍八郎が弾いてた 手なんだよ。 と答えが返ってきた。 I have trouble with composing my Kyokubiki, so I talked to a friend of mine about it. He said "The most techniques played in Tsugaru-jamisen national championship is the tecniques of Shirakawa Guchpachiro."
白川軍八郎 一般に津軽三味線の基礎を築いたのが仁太坊で、 それを完成させたのが白川軍八郎であると言われる。 それほどまでに軍八郎の足跡は大きく、 生前から「津軽三味線の神様」と讃えられた。 弟子も多く、たとえば三橋美智也はこの人に学んでいる。 Shirakawa Gunpachiro Nitabo made a basis of tsugaru-jamisen, and Shirakawa Gunpachiro made it perfect. He was called"The god of Tsugaru-jamisen " in life, and had many students. For example, Mihashi Michiya learned from him. とりあえず白川軍八郎のCDがあるから 譜面に起こしてみるところからはじめてみるか。。 I have Shirakawa Gunpachiro CD, so I will start with copying and making score of Shirakawa-Gunpachiro. その人と箏の試験の話をしていると、 「あれ、何だっけ、課題曲、わら人形じゃなくって、、」 「つち人形ね。」 こわいよ。 I talked with him about koto test, "You take test in,,, straw doll!?" "No, I will take in CLAY doll"!!! How scary!! Yo ho ho!