作陽のときのピアノ科の友達が東京に遊びに来ていたので この前久しぶりに会いました。 I met a friend of mine after a while when he came to Tokyo. 幻想即興曲が好きなんだけど、 日本人の曲じゃないからどうも真剣にやる気が 起きなくて、、と言うと、 「じゃぁ滝廉太郎の「うらみ」なんかどう!?」 うらみって言っても「恨み」じゃないよ「憾み」(残念に思うこと) の方だよ。 When I said"I like Fantasie Inpromptu by Chopin,but it's not composed by Japanese, so I don't get serious about practicing,," He said"How about Urami by Taki Rentaro?" Urami usually means hate,but in this case Urami means feeling pity. と言って探してみると、、 I found it on the Internet. ありました。 http://cgi.din.or.jp/~pizz/cgi-bin/dlcount/dlcount.cgi?f=545_1 ---------------------------------------------------- 「憾」は大分市での病気療養中に作曲された。 瀧の絶筆で,彼はこの年の6月25日に死去した。 「憾」は,不安と焦燥と怒りの感情がそのまま吐き出されような激しい音楽である。大志を抱きながら不治の病に冒された瀧の心の内を思うと,とてもやりきれない作品である。 This song was composed when he was sick. It's the last song composed by him before death. ---------------------------------------------------- 結構激しい感じで好きなのだが、、 これを練習してると近所の人が I like this kind of song with intense melody, but when I practice it, my neighbor will say 「宍戸さん最近悩みでもあるのかしら、、」 "Is something bothering Shishido!?" image.jpg とこんな姿を想像されると困るのでやめにしましたw so I stopped practicing it.