blind.jpg 津軽三味線について少し書いておきたいと思います。 津軽三味線は、津軽民謡の伴奏楽器として生まれましたが、 最近では伴奏部分が独立して、伴奏部分のみで独奏楽器として弾くことが多くなりました。 I will write about tsugaru-jamisen today. Tsugaru-jamisen was orginated as the accompaniment for traditonal folk song of tsugaru-regiona, but the part of accompaniment wad independent from song, we usually play by solo. 津軽三味線の流派には 大雑把に分けて2種類あり、 私が最初に始めたのは 竹山流(ちくざんりゅう)と言い、音色を重視した繊細な弾き方。 The styles of tsugaaru-jamisen was two kinds generally, one is the school of Chikuzan the style which place the importance of timbre and play delicately. 今 所属しているのは 小山流、バンバン叩く迫力ある弾き方で、 吉田兄弟などもこちらの流れにあたります。 the other is the school of Oyama , play like beating with plectrum vigorously, Yoshida brothers are a kind of this style. 私は津軽三味線と箏(琴)、沖縄三線をやっていますが、 和楽器との出会いは津軽三味線が最初でした。 I play tsugaru-jamisen ,koto and Okinawan-sanshin, but I first started tsugaru-jamisen. そこから三線、箏(琴)、合気道、茶道の順に始めたわけです。 And then I started Okinawan Sanshin ,koto ,aikido, Tea ceremony in this order. 「日本人なのに親日家」と言われる原点がそこにあるわけです(笑) It's the origin that I'm called "Japanophile though Japanese" lol