第一回目が三味線ではなく茶道になってしまいました(笑) The first diary is about tea ceremony, not shamisen. 私は広島発祥の茶道の一流派、 上田宗箇流(うえだそうこりゅう)という茶道をやっております(茶道歴1年半) この茶道の特徴は 千家 とつく茶道の流派は 町人の茶道なのに対し、武士が始めた「武家茶道」 であるということであり、武士の動きがお点前の中に取り入れられていることです。 I've trained tea ceremony for one and half years. The shool of tea ceremony is Ueda Soko school. Ueda Soko is the name of founder, who was samurai. The founder of famous school of tea ceremoy such as Ura senke or omote seneke was towns people,so the procedure of making tea of my school is characterized by including samurai action. 昨日は白金台の畠山記念館にて 水無月茶会の手伝いでした。 Today I gave help at tea ceremony on June. 会記はこちら http://shamimaster.livedoor.biz/archives/50900152.html 「武将茶人、上田宗箇―桃山茶の湯の逸材」 の著者の、 矢部良明先生の 講演会もありましたがお手伝いで聞けませんでした。 Photo above is the author of "Life of UedaSoko" (Ueda soko is the founder of my tea ceremony school) and he had a lecture. 私は薄茶席のお運びをしていたので カメラは慶応茶道会の学生さんに 頼んだのですがあまりうまく撮れてない、、 (頼んだのにゴメンナサイm(__)m) sounddevice 102.jpg sounddevice 108.jpg I gave help at Usucha ,so I asked my junior to take photo , but it was not good,, The best photo was below..lol 一番よく撮れてたのは コレ sounddevice 105.jpg だったりする、、 なんなんだー(汗)