あるこじゃれた海鮮居酒屋で、サザエのツボ焼きを10個頼んだ。十数分後、店員が料理を持ってやってきてこう言った。「サザエでございます!」【すべらない話より】