柔道部事故 家族ら被害者の会
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1156267&media_id=2

試合になるとやっぱりアドレナリンが出て怪我もしやすいでしょうね。 

合気会も大会に参加する為に「試合を導入しろ」


と言われてるそうですが拒否してるそうです。


試合入れたら柔道と違いがはっきりしなくなる(素人目に)ので「試合がない」のは多分合気道のアイデンティティなんでしょうね。 

試合のある流派もありますが流祖が「殺す」と言ったような言葉を使っていてあんまり個人的に好きな感じではなかったな。


怪我がないわけではなく怪我は普通にあります。 

私も鼓膜に穴が開いたこともあるし先輩は腕を骨折したようです。


「怪我が心配」といって運動しない知り合いの演奏家が運動神経が鈍って階段からころげおちて足骨折したとか酔っ払って骨にひびが入った方もいらっしゃるので 

一長一短ですね。