なくした黒帯が見つかりました!

I found the black belt.


机の奥の方にカビパンと一緒に押し込んでました(ウソ)




合気道の道場に行ったら届いてました!


これで買わなくてすんだ♪

The staff of aikido dojo passed it to me.


ってそういう問題じゃねぇっ!



帯って多分一番大事な部分なのにそれを忘れるとは、、




段級位制というと最近は武道の方が先に思いつきますが、

元々は、江戸時代の棋士 本因坊道策が始めたものを、

明治時代に嘉納治五郎が講道館を起こす際に取り入れたのが

始まりだと言われております。


When we get the black belt,we get "First dan(Grade)".

When we hear dan ,kyu grading system, it occur to me

the martial arts first, but kano jigoro is said to introduce

Dan kyu system from game of go world which started in edo era,

in meiji era.


「続けてれば初段くらいは誰でも取れる」

という人結構いますけど、確かに続けてれば取らせてくれるんですが、

実はそれだけ続ける人っていうのが割合的に

少ないのでやっぱり意味があるんですよね。

根気が続かない人は勿論のこと、あまりにも実際に使える「術」としての合気道を追求するあまり流派を変えたり。

逆に実力ありすぎて高名な先生クラスになって生徒が増えると独立したりして、、、  

ホントに合気道に限らず同じ流派で何十年もやってる人はそれだけで頭下がります。


「段」というものを実力を表したものと思ってる人が多いですが、

本来「道」ですから うまい下手よりも

どれだけ精神的に深いかが大事なわけで、

稽古日数で段を受けられるかどうか決まるのはいいシステムだと思います。



段が実力を表すなら オリンピックの金メダリストが

10段で年と共にやっぱり実力は弱くなるから

9段、8段、、と落ちていかないといけませんもんね。





そういうわけで私は弱いですw



今年は楽器の方で色々やることがあるので、

合気道は月5回くらいにしよう。二段の審査は来年になりそうだな。。





↑嘉納治五郎先生に関する本です。
It's a biography about kanojigoro.



演奏情報
http://www.shamimaster.com/informationj.html

新宿津軽三味線教室
http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html

津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室
三味線弾きシシド(小山貢山)

Shamimaster toshi