昨日たまたまテレビをつけたら

中能島欣一先生特集をやっていた。


中能島欣一先生は 箏曲(琴)山田流の名人

で、倉敷作陽短期大学で師事していた箏の先生、

両角優一先生も 中能島欣一先生の弟子だった、、

という関係なのです。





− 伝説の至芸・中能島欣一 −              
                              
「六段の調」                 八橋検校・作曲
「乱輪舌」                  八橋検校・作曲
「三つの断章」               中能島欣一・作曲
                      (箏)中能島欣一
                              
「新ざらし」北沢勾当・作詞、深草検校・作曲、中能島欣一・編曲
                    (唄と箏)中能島慶子
                   (唄と三絃)中能島欣一






新ざらし、

では 中能島先生は 三弦を弾いてらっしゃいましたが

最高でしたな。



さらしは箏と三弦の 掛け合いが最高。

一度聞いてみてください♪


古典とは思えない程聞き栄えのする曲です(失礼)

長唄 越後獅子 にフレーズが取り入れられている名曲です。


I watched the TV program of Nakanoshima kinichi, koto virtuoso.

Please listen to the link above.



さらし
http://www.shamimaster.com/music/01-sarashi.mp3

立つ浪は〜立つ浪は〜 瀬々の網代にさえられて〜♪

学校の課題でやった曲なのです。


This song is traditional and classical, but good music.

Alternative playing with koto and shamisen is the must-listen!!

この音源はしゃれ弾きがスゴイです。
7分38秒のアルペジオなんか最高(^^ゞ







津軽三味線・琴・沖縄三線 演奏 教授

宍戸俊信(小山貢山)
http://www.shamimaster.com/三味マスタードットコム
shamimaster toshi