ba7b6e36.jpg

「音感は幼児から」
「大人は今がチャンス」

This advertisement say
To get good sense of music should be by starting instruments from children
It's a good chance for adult to start instruments.


宮地楽器のコピーは「弾きたい時が適齢期」だ。

こちらの方が簡にして要のような気がする。

Miyaji gakki's catch copy is "Proper age is when you play instruments."
I think it's better.





楽器や武道やっているとよく「もっと小さい時から始めてれば良かった」「もう30歳なんですが大丈夫でしょうか」という言葉を聞きますが、

津軽三味線だと50歳から始めて先生やってる方とか、合気道だと70歳から始めて3段とかざらにいるので一言


「むしろ早すぎるくらいですm(__)m」


When I train instruments or budo, some people say "I should start from earlier age" or"Can I play instruments with age already 30."

I think "You started something too early."


小さい時からやってる人にはやってる人にしかできないこと、遅く始めた人には遅く始めた人にしかできないことがあります。

I started playing tsugaru-shamisen at the age of 20, but
I never thought i wanted to start it earlier.

Because i think there are what only the people who start from earlier can do,
and there are also what only the people who satar from later in life can do.


特に教える時には、初心者の気持ちがよりわかるのは後者の方でしょう。

私は20歳ではじめましたが一度も「早く始めてればよかった」と思ったことはありません。

演奏の腕というにはやっぱり小さい頃からやってる人にはかなわないけど、邦楽の世界で私にしかできないことがあるからです。



習い始めは皆さん新しいことばかりで楽しそうですが、だんだんモチベーションが下がっていく様子を見るのは寂しいものですm(__)m

「プラトー」という心理学用語があります。

始めたばかりの時は急激に上達しますが、しばらくすると「プラトー(高原)」という状態になり、上達が感じられなくなるのです。そこで「上達が感じられない」 とやめる人が多いのですが、そこで気にせず続けていて、プラトーを超えるとまた一気に上達が訪れるのです。

「石の上にも三年」ということですね。


やっぱりお稽古事は続けてこそです。

私のモットー
「とにかく稽古に出ること」

そんなわけで「幅広くやりすぎ!」とお叱りを受けながら津軽三味線、箏、三線、合気道、茶道 のお稽古を続けてるのもそういう理由ですm(__)m

一度始めた以上は上達が感じられなかろうが続けてみましょう♪

やっぱり最低10年は続けないとやった気はしませんね。



、、、といいつつ


今まで挫折したもの
速読
中国語
二胡
居合
書道
ギター
筋トレ



3日坊主でもいいからとにかく始めてみましょう(マテ)

結局続けた方がいいのか3日坊主でも始めた方がいいのか分からない日記.