10025254

昨日は新宿文化センターに

名誉区民による伝統芸能の共演
http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/division/230100somu/meiyokuminten.htm

に行ってきました♪

I went to the ansemble of human national treasure .


"kimi-no-niwa"
Nihon-buyoh(classical japanese dance) senzo nishikawa (human national treasure)
Nagauta miyata tetudo(human national treasure)
Soukyoku yamase syouin (human national treasure)
shinnaijoruri tsuruga wakasanojo(human national treasure)

Rakugo(sit-down monolog comedy)sanyutei kinba

◆日本舞踊の西川扇藏氏(人間国宝)、長唄の東音宮田哲男氏(人間国宝)、

箏曲の山勢松韻氏(人間国宝)、共演による「喜三の庭」

◆新内浄瑠璃の鶴賀若狭掾氏(人間国宝)による「十三夜」

賛助出演(三味線の新内仲三郎氏(人間国宝))

◆三遊亭金馬氏(勲4等瑞宝章受章)による落語


でした。

これだけ人間国宝が集まるとさぞかしチケットも高い、、

と思いきや新宿区民ならはがきで抽選で出して

「タダ」でした。

区民税はこんなところにも使われているんだなぁ。。


やはり極めた演奏というものを見ておいた方がよいということで

ハガキ出したら当たりました 
ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ


シテの三味線の人がチラチラ西川扇蔵先生を

見てたのが気になりましたが、あれは普通のことなのでしょうか!?

山田流の山勢松韻先生の箏は気持ち悪いくらいうまかった(@_@;)

十三夜は樋口一葉の小説を元に作曲した曲で、

新内といっても現代語だったので普通に楽しめました♪



三遊亭金馬氏の演目はプログラムにはありませんでしたが、

上方落語の「はてなの茶碗」で、


水が洩るようなタダの駄物の茶碗が、

巡り巡って帝の箱書を得て、

1000両で売れたというお話。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/6684/hatena.html




このように茶道具というと美術品としての価値というより、

○○使用の、、などで値が上がる世界、ということで
美術商の中にも茶道具を扱わない人もいるようですね。


はてなの茶碗検索したらありました。

ttp://syoindo.noblog.net/blog/c/10161073.html


これこそ付加価値。




津軽三味線、琴、沖縄三線演奏
三味線弾きシシド(小山貢山)HP

http://www.shamimaster.com/
三味マスタードットコム