茶道文化検定
公式ホームページ
http://www.chado.or.jp/sinko/exam/index.html

なるものが出来たそうです。

日本文化系資格マニア(笑)としては

食指の動く話でございます。

The tea ceremony culture test will be held next year.

I'm really interested because I'm a mania for Japanese culture qualification.

----------------------------------------------------------------

茶道に関する知識を問う「茶道文化検定」が来秋、全国6都市で行われることになった。実施する裏千家の財団法人茶道文化振興財団(京都市)によると、茶道の検定は初めてという。
 茶のたて方ではなく、茶の歴史や茶会の種類、茶道具や茶菓子などの知識を問う。流派に関する知識は問わない。試験は二者択一のマークシート方式で制限時間は1時間半。正解が6割以上7割未満なら4級、7割以上なら3級。合格者には認定証を発行する。2級と1級の試験も今後実施する予定。
試験は来年11月下旬ごろ実施。受検料は4000円前後で、公式テキストブックが来年6月ごろに発売される。 

----------------------------------------------------------------



I had the last tea ceremony of the year of Uedasoko school today.

今日は港区の白金高輪で茶道上田宗箇流(うえだそうこりゅう)の

お茶の納め釜(12月なので)で

白湯
炭点前
懐石
主菓子まで

頂き、

I walked off the tea ceremony halfway,

and I went to the koto concert with introducing instruments in English.


港区国際交流会館が主催する

英語で箏を紹介する演奏会に行きました。

港区国際交流会館は


1月と8月を除いて毎月1回、土曜日の午後1時半〜3時半、
Let’s Rediscover Japan (LRJ)と題して英語で
日本文化を再発見する会というプログラムを開いています。


3曲演奏してくださったのですが、

六段の調べ

若水

江戸花街の宴

最後の二曲は二つともテーマがありますが、


六段の調は何を描写したものなのですか!?

と質問があり、


They play three songs,

Rokudan no Shirabe
Wakamzu
Edo hana machi no Utage

There was a question

"Last two songs have theme and describe somthing,

but what does rokudan no shirabe describes."


I answerd though I was one of audience,




何故か私が答えて

My major was koto at music collede,

I learn from my Master

Rokudan no Shirabe is so called a "absolute music"

so it has no theme, describes nothing.

It's the answer.

(絶対音楽と言われるものでテーマはない)

とアドリブで答えたのがいい思い出になりました(^^ゞ




箏の説明の時に八橋を配ったのは思いつかなかった!

早速取り入れよう♪

津軽三味線奏者のための英語

http://www.shamimaster.com/shamsienterm.html

も参考にしてくださったようで

早速更新しました♪



I didn't cross my mind of passing out sweets"Yatuhashi" the shape of which is koto!!