呼吸法と言ってもヨガや気功の話ではありません。

"Kokyuho" lieterally means "the way to breathe",

Aikido has a term for Kokyu-ryoku which literally means power of breathing.

Kokyuho is the way to build up Kokyu-ryoku.

But this "kokyu" has no relation with breathing.


This "kokyuryoku"is hard to explain even by the Aikido expert.


合気道に

「呼吸力」という言葉があります。

これはいわゆる吸ったりはいたりする「呼吸」とは全く違うもので、


合気道 の基本の一つであり、

稽古の際は必ず最後に

「呼吸力養成法」(呼吸法)と言う技をやります。


この呼吸力、なかなか言葉では説明できないらしく、

合気道を長年やっている人に

「呼吸力って何ですか?」

と聞いてもはっきりした答えが

返って来ないことが多いのです。


wikipediaによると、、

呼吸力とは合気道の技を有効に働かせる為に必要な力の出し方。

日々の練習により不必要な体の場所からは力を抜き、相手との接点となる処に全身の力を集中させる事が出来るようになる。

呼吸力を平易に説明するのに脱力と紹介されるが、単に脱力すれば良いと言う物ではない。実際は、単体の筋力で技をかけるのではなく、全身の筋肉を連動(統一・統合)させてを合理的に使う事により、各部位の筋力自体をさほど必要とせず大きな力を出しているのである。そのために不必要な力を抜いているだけである。


According to wikipedia article,,

Kokyuryoku is a kind of releasing the unnecessary pressure.


すなわち一言で言えば「気」、ちょっと長く言えば「体の使い方」

みたいなものですね。


In a word "qi", in few words "how to move physically".