掛け物

岩倉具選(ともかず)

久方の中にあるてふ里の名の空に知れども知れる月影

花 ムクゲ ムクゲ

  水引草

水引

花入れ

桂籠
桂籠

吉良上野介(宗偏流) が前日の茶会で使っていたといわれるものだそうです。


釜 筒釜 七宝の地紋

水指 唐津焼 中里太郎エ門

濃茶入れ 瀬戸

薄茶器 秋草蒔絵 河面冬山(こうもとうざん)

茶杓 相国寺 有馬頼底(ありまらいてい)作

濃茶碗  紅葉御器 (バチ高台が特徴)

薄茶碗 萩

蓋置 今井正行 象嵌


仕覆 尾長鳥緞子

主菓子 千代菊