三味線は元々絹糸

を使うのですが、

津軽三味線はほとんどが ナイロン弦になっています。


We uses silk string when we play shamisen originally,

but most tsugaru-jamisen player uses nylon string.


地歌三味線で作った曲(勿論絹糸)、

絲乱舞 を作曲者に習ったときに、

ハジキに対する考えの違いをハッキリ感じました。


I knew exactly the difference of the way of thinking about

pulling string when I learn Ito-Ranbu(composed for Jiuta shamisen
which uses silk string)


絹糸は柔らかいので、

人差し指で押さえ、中指ではじくと、

絹糸が完全に曲がって

「リン」というハッキリした音が出ますが、

ナイロン弦は固いので、きっちり曲がりきらず、

そういう音が出しにくいのです。

Silk string is so soft that the string bend perfectly

and sound clealy, but nylon string is hard ,so don't bend

perfectly, and don't sound clearly.




そういうわけで

津軽三味線では軽く触れてはじくことが多く、

逆に言うとハジキも多用することが出来ます。


It means we pull the string kindly when plaing Tsugaru-jamisen ,

so we can pull string many times continuously.


同じ和楽器でもところ変われば常識が変わりますね。。


Different Japanese traditional instruments have different idea of sound.

民謡の人は唄の人が一番歌いやすいところ

に楽器の高さをあわせますが、


We tune shamisen with the pitch which the singer can sing easily
when we play Minyo(Japanese traditional folk song).


but koto players adapt the pitch of their voice to the pitch of
instruments.


琴の人は楽器に唄の高さを合わせようとするのです。


そういうわけで男性などは「低い声が出ない〜」

なんて話もよく聞きます。

楽器の持つ響きを大切にした結果でしょうが、

これはちょっと他ではない考えですね。


We often hear male koto players claim that they can't sing low voice part,

I think it's the unique idea in the world of music.