蛇皮を張った中国の弓奏楽器、

二胡
二胡


ですが、


昔私はこれも使って演奏活動していたことがあります。


その時によく聞かれた質問が


「中国人ですか!?」

でした(爆)


もう一つ聞かれたのが

「これ、胡弓ですよね!?」



私はmixiにて胡弓コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=248022

の管理人もやっていますが

たまに二胡の方が迷いこんで入ってきます。


写真を見るとわかるのですが

三味線の小さいものを弓で弾く楽器が

胡弓

胡弓
なのです。

(和楽器やってる人は知ってると思うので

スルーしてくださいm(__)m)


何故二胡 を胡弓と言うかと言うと、

広義で胡弓は「弓で弾く擦弦楽器」という意味も

あるからです。

昔はバイオリンなんかも胡弓に入っていた時期が

あったそう、、


ちなみに中国では胡弓とは言いません。

「胡琴」と言います。

胡弓奏者 原一男さんのページ
http://www.co-q.com/pre.htm


に詳しい解説が載っております。



正月によく見る 三曲合奏は

箏(琴)、三味線、尺八になっていますが

本来は 箏(琴)、三味線、胡弓


であり、

そういうわけで箏(琴)の先生は大体は

三味線も出来るのです♪ 

胡弓はそんなに普及してないですが、出来る

先生もたくさんいらっしゃいます(汗)