今回は生田箏の紹介です。


ただいまこの商品をお買い上げいただきますと、

アブフレックスと高枝切りバサミをお付けいたします。
(絶滅つながりです。ボケずにはおられませんm(__)m)



生田箏

生田1



奥が山田箏で、手前が生田箏になります。


弦の長さが、生田箏は少し短くなります。


値段や入手先は祖父のものなので
わかりません。。


箏(琴)は大きくわけて、

生田流と山田流という2つの流派があります。

生田流は京都で、山田流は江戸で発達した芸能です。


生田流の方が現在演奏人口は多いです。

やる曲目もかなり違いますが、

同じ曲を演奏することも多いです。



最近では生田流でも、全て山田箏を使用しております。


生田箏の龍角(三味線で言えば上駒、ギターで言えばナットみたいなものです。)

生田2


生田箏では紐になります。

山田箏の龍角

生田3

固いので、こちらの方が余韻や音量は当然長くなるので、
こちらが使われるようになりました。




真ん中にある小さい駒が、本来の生田流の駒です。
昔は木製もありました。

生田4

ちなみに左のものは中国の箏の駒です。


琉球箏曲の世界では、今でも生田箏が使われているそうです