三味線弾きシシドの「日本文化ゎやばい!」

津軽三味線、箏(琴)、沖縄三線を 演奏する、 三味線弾きシシド(小山貢山)のブログ。茶道、合気道もたしなむ日本文化体験&発信記。

2019年11月

明日はこちら!

IMG_20191116_181037_207
明日はこちら! 
第10回獅子道公演
西新宿関交協ハーモニックホール12時〜
入場料1100円予約不要

ゲスト藤井黎元氏による津軽三味線ワークショップ
唄今井由里氏との共演
委嘱新曲披露
津軽三味線世界大会二連覇グループ獅子道の生徒さんによる演奏
獅子道10年の歴史を辿る獅子道ヒストリー

等豪華出演!

珍しい中子

74789160_2839872236023973_1033603211430199296_o70767034_2839893656021831_8117951977188491264_o74643646_2839896786021518_8369174230763307008_o珍しい中子の形をした三味線です。 三枚目は中にバネが入ってるそうです。

アクリル三味線の功罪

20191115_133952
アクリル三味線まさか自分の指がツボ感覚を惑わせるとは

My own finger makes me confuse where the position is when we play acrylic shamisen.

魚の骨

IMG_20191114_165851_335
高い三味線の胴の中には「綾杉掘り」という彫刻が施されているが、ワシントンDCの生徒さんに「魚の骨ですか?」

と聞かれて「?」となっていたら
ちょうど全く同じ柄で Herring Bone (にしんの骨)という柄があるらしい。

綾杉を調べると

1 ヒムロ(植物)の別名。
3 杉の薄板を網代(あじろ)のように編んだ垣。
4 鼓や三味線の胴の内部に彫る、ジグザグ模様 とある。

面白いですな〜
Ayasugi Carving inside a expensive shamisen body looks like herring bone. But it does not related at all. 

Ayasugi is originally from the name of plant.
What a coincidence!

こんな感じ

IMG_20191113_230643_073

娘(5歳)よ、腕の下に棒みたいなのついてるけど、これは子ども番組じゃないんだ #どんな感じで口説かれるの

感覚の違い

20191113_151359
以前から3の糸と言っているのに1の糸を抑えてしまう生徒さんが多くてなぜかと思っていたのだが「感覚的に細い方が1に思える」と聞いて納得。確かにギターは細い方が1弦。 #津軽三味線 #三味線

三味線注意

IMG_20191111_003627_814

#三味線 #津軽三味線

Dreamscape誕生秘話

IMG_20191110_125830_401
This is a new Shamisen song composed by Tatsuro Ariki

津軽三味線の世界では演奏者=作曲家となっているが
それは一つの理由には津軽三味線の世界が新しいからで、クラシックでも昔は演奏者=作曲家であり、
次第に分化していった歴史も踏まえ、

私はごく一部の例外を除き演奏者と作曲家は別であるべきだと言う考えで、箏の世界で良く行われる「委嘱新曲」

というものを津軽三味線で行った作品
Dreamscapeを第10回獅子道公演で
披露します。

作曲家は乃木坂、NHKEテレ等にも曲を提供してる有木竜郎、

三味線編曲は小山貢山、藤井黎元氏となっております。

久石譲 summerのような懐かしさを感じさせる曲となっております。

11/17 12時〜西新宿関交協ハーモニックホール
入場料1100円

セミハードケース

IMG_20191107_210510_435
取れやすい三味線セミハードケースの取っ手の修理 m4 20mmネジです。

posレジの罠

Screenshot_20191104-201845_Square Point of Sale

1000円割り勘をPOSレジ決済アプリに入れると超面倒くさいことになるのを忘れてて詰んだ。

1001円にしかならないので1円払い戻し全部していかないといけないという地獄。#消費税 #経理

スポンサーリンク

Profile

三味線弾き獅子道

Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク

Recent Comments
  • ライブドアブログ