三味線弾きシシドの「日本文化ゎやばい!」

津軽三味線、箏(琴)、沖縄三線を 演奏する、 三味線弾きシシド(小山貢山)のブログ。茶道、合気道もたしなむ日本文化体験&発信記。

2018年04月

54回小山会定期演奏会

20180428_144638
20180428_151623
54th Oyamakai recital.One of my students got the stage name Yamakazu Oyama

54回小山会定期演奏会にて新名取 小山山壹(やまかず)が誕生しました。

あの頃見た夢

IMG_20180426_234144_920
Recent dream- Chased by  Monster Shamisen 
Comic by Yuta Nakamichi

大会個人戦に初参加予定ということでマジで見た夢。勝負事とかあんまり好きじゃないんだよなぁ〜

ゲッサンで「放課後さいころ倶楽部」を連載する広島市立大学時代の友人の中道裕大先生に描いてもらいました。

第54回津軽三味線小山会民謡定期演奏会

300 tsugaru shamisen players play together at a time!

28 April Noon
Asakusa Koykaido
Ticket 1500 yen

第54回津軽三味線小山会民謡定期演奏会

津軽三味線300人の大合奏。

貢山会からは山葵(わさび)というふざけた名前の名取と、新名取 山壹(やまかず)

そして不肖 私 貢山(☓頁山ぺーじやま)
が参加します

日時:4月28日(土)12時開演
場所:浅草公会堂

チケット:¥1500(当日券もあり)
連絡先:小山会本部 電話03-3719-1841IMG_20180424_001628_903

インバウンドのその先へ


「インバウンドのその先へ」

長年日本文化の海外輸出には興味を、持って15年以上に渡り取り組んでいましたが

「日本文化の海外輸出?自分でやりたいんだから勝手にやれば?それが何か日本の役に立つの?」

という自分の中にすら起こる疑問を消すことができず

それゆえスボンサーを募る等もせず(後はクラウドファンディングなんか無かったし)6度に渡り

完全自費でニューヨークまで行き

色々思索を巡らせていましたが

今回ニューヨークでその答えらしきものを見つけました。

インバウンド団体では最大手の

NPO法人日本文化体験交流塾は10年前の設立時から理事をしておりましたが

設立当初のセミナーで国土交通省の方が

「日本は少子化でこのままでは国力も下がる、かと言って移民を受け入れるには反発も強い国民性ゆえインバウンドに力を入れお金を落としてもらう国の方針になった」

と言っておられるのを聞きました。

ニューヨークには行きたい!という思いは募るばかりでしたが若い頃はそうそう三味線だけで食えるわけもなく日本文化をお金が無くても知恵さえあれば出来る外国人観光客向けの三味線、箏、合気道講座等インバウンドに長年携わって来ました。

しかし外国人の友人の友達の書き込み等を見ると

アニメを見て日本に憧れ日本に来たりすることは言うまでもなく

外国人尺八奏者が日本に来てルーツを探す旅をしたり、

外国人津軽三味線奏者が大会に参加したり、

海外で合気道を学んでいる人が本部道場にビジターで来たりと

インバウンド収入と言うのは

「海外に輸出された日本文化が日本に外国人を呼び寄せる」

ことが多いのです。

前回の日記の通り日本は日本文化の輸出には確実に三流以下の国。

Shamisenなんて街ゆく人は聞いたこともないのです。

テコンドーは知っていても

Aikidoは武道マニア以外には殆ど知られていないのです。

今はインバウンドというと日本に来た外国人に日本を体験してもらうことしか全く見えて無いですが、

インバウンドのその先へ、

日本文化の海外輸出をすることによってインバウンド業界も活気づけることを

東京オリンピックが終わり確実にインバウンド業界が縮小することが予想されているので、

戦略的海外日本文化輸出拠点
ジャパンハウス 等もようやく出来てきましたがありますが 国民の理解はインバウンド以前で止まっています。

一般の人は何故インバウンドに力入れはじめたのかすら分からないでしょう。

国の方針としてもう少し周知すべきでしょう。

願わくば

今のテレビ業界のように

外国人が日本文化をやってる姿を好奇の目で放送するのでは無く(しょっちゅう問い合わせが来る)、取材対象にすらならないくらいに当たり前になりますように。

インバウンドのその先へ


インバウンドのその先へ

長年日本文化の海外輸出には興味を、持って15年以上に渡り取り組んでいましたが

「日本文化の海外輸出?自分でやりたいんだから勝手にやれば?それが何か日本の役に立つの?」

という自分の中にすら起こる疑問を消すことができず

それゆえスボンサーを募る等もせず6度に渡り

完全自費でニューヨークまで行き


色々思索を巡らせていましたが

今回ニューヨークでその答えらしきものを見つけました。

インバウンド団体では最大手の
NPO法人日本文化体験交流塾は10年前の設立時から理事をしておりましたが

設立当初のセミナーで国土交通省の方が

「日本は少子化でこのままでは国力も下がる、かと言って移民を受け入れるには反発も強い国民性ゆえインバウンドに力を入れお金を落としてもらう国の方針になった」

と言っておられるのを聞きました。

ニューヨークには行きたい!という思いは募るばかりでしたが若い頃はそうそう三味線だけで食えるわけもなく日本文化をお金が無くても知恵さえあれば出来る外国人観光客向けの三味線、箏、合気道講座等インバウンドに長年携わって来ました。


しかし外国人の友人の友達の書き込み等を見ると
アニメを見て日本に憧れ日本に来たりすることは言うまでもなく

外国人尺八奏者が日本に来てルーツを探す旅をしたり、

外国人津軽三味線奏者が大会に参加したり、

海外で合気道を学んでいる人が本部道場にビジターで来たりと

インバウンド収入と言うのは

「海外に輸出された日本文化が日本に外国人を呼び寄せる」

ことが多いのです。

前回の日記の通り日本は日本文化の輸出には確実に三流以下の国。


Shamisenなんて街ゆく人は聞いたこともないのです。

テコンドーは知っていても
Aikidoは武道マニア以外には殆ど知られていないのです。


今はインバウンドというと日本に来た外国人に日本を体験することしか全く見えて無いですが、

インバウンドのその先へ、
日本文化の海外輸出をすることによってインバウンド業界も活気づけることを

東京オリンピックが終わり確実にインバウンド業界が縮小することが予想されているので、


そろそろ国の方針として決めるべきでしょう。




願わくば

今のテレビ業界のように

外国人が日本文化をやってる姿を好奇の目で放送するのでは無く(しょっちゅう問い合わせが来る)、取材対象にすらならないくらいに当たり前になりますように。


日本は自国文化の海外発信は三流以下の国

Green peace member asked me to join and pay money in New York.

ニューヨークで思ったこと 

NY最終日に日本から行っているアコーディオン奏者の遠峰あこさんとお会いしました。

彼女のツイートを引用すると

NYで長く暮らす方々にうかがうと、中国や韓国は海外に出て文化を広める方々への支援が半端じゃないという。団結力がとても強いんだって。しかし日本は「あんたら勝手に出ていくんだから勝手にやりな」という姿勢だそう。

そういえば ニューヨークを着物で歩いていたとき武道のことを聞かれるのはいいとして、武道の経験を相手に聞くと

必ず「テコンドー」と返ってきた。


海外への自国文化発信力は日本においては確実に「三流以下の国」だと断言出来ます。



ニューヨークでの日本文化のサポートするとこは演奏でも

一流のとこしか相手にしない、実際そういうところに私がメールしても返信すらない、

だから



一般のパフォーマーはドサ回り。

教室になるとサポーターは皆無、というか演奏しにくる人はいるけど教えに来る人は皆無。

といいのが現状です。

武道、日本食、書道(アート系)等限られたモノ以外の日本文化は アメリカの方と結婚してこちらに住んでる人が支えているのが現状です。

特に民俗文化に対しては評価が低いことも含めて日本文化といえば日本文化だけど、

これでいいのか日本文化。

勝手に行ってやれというなら勝手に行ってやるけど

一人でできることは限られているので

いつか行ってサポートする側に周りたいな

動画は グリーンピースにからまれたときの映像です。

ピースボートと勘違いしておりましたがクジラの話でもすればよかったかね。

Today's class 今日の教室!

20180415_144147
Today's class 今日の教室!

デスストローク

IMG_20180414_163600_675
The big apple comic con! Death Stroke from Batman who I beat in the video game.ニューヨークコミコン!ゲームで倒したデスストローク(バットマン)がここに!

英語卒業のお知らせ


私が英語喋ってるのを聞いて「絶対留学とかしてたんだ、と思ってた」とこっちに住んでる日本人の人に言われて涙が出る程嬉しかった。英語で三味線教室の問い合わせで「留学はされてたんですか?」「してません」というとすぐ電話が切られたことがあったからな。自分では英語全然出来てなかったと思ってたけど、やっぱり大人ってのは出来ないことに目が行き過ぎなんだよね。だから生徒さんでも「覚えが悪いので、、」とやめてしまったり、やりたくても始めなかったりする。ちょっとした上達を喜び、先生も一緒になって喜べる教室にしたい。

津軽三味線小山流獅子道NY

IMG_20180413_092833_646
Tsugaru Shamisen Oyama ryu Shishido NY performed  at the art show of K. Radcliff who leads NY art. At Resobox in east village 

津軽三味線小山流獅子道NY,
レソボックスで演奏。ニューヨークのアートシーンを牽引するK・ラドクリフさんとのコラボ

https://youtu.be/v8l4cPhG0tQ

スポンサーリンク

Profile

三味線弾き獅子道

Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク

Recent Comments
  • ライブドアブログ