三味線弾きシシドの「日本文化ゎやばい!」

津軽三味線、箏(琴)、沖縄三線を 演奏する、 三味線弾きシシド(小山貢山)のブログ。茶道、合気道もたしなむ日本文化体験&発信記。

2010年04月

空気嫁よっ!

チューナーET




昨日は明鏡楽器に行って箏を修理してもらいました。


龍舌の部分の金属が浮いていてそれでビビリ音が出ていたようです。


http://ameblo.jp/meikyogakki/その時の様子が明鏡楽器のブログに乗りました。


リハでその話をして、

「最初は柱(じ、箏の駒)のせいって言われたんですけどねぇ。。」

と言ったら

「「気」のせいですか!?」

、、、


いや「柱(じ)のせい。」

単なる聞き間違いでしたw



私「ホラびんびん言ってるじゃないですか!!」

楽器屋「気のせい、気のせい!」


私「糸巻きが折れたんですけど」

楽器屋「気のせい!気のせいですよ。」


なんてやり取りを想像して一人で勝手に笑っていたw



写真のタイプのチューナー、最近買いましたが

なんとなくETに似てない!?







昨日、「普通にかわいい」「普通に素晴らしい」

等、

「普通」という言葉の意味が変わった

ということをNHKにてやっていました。



↑ことばおじさんも出演していました。



年代が上になると「普通」というのは評価を下げる言葉であり、

受け入れられない使い方である とのことでした。


テレビでは「強意」の意味と言っていましたがこれは私は違うと思います。


これは私が思うに「価値観の多様化」にあるのではないかと思います。



分かりやすい例で言えば
「エロかっこいい」

今までで言えばカッコいいと思われなかったものが、


価値観の多様化で「カッコいい」に入ってしまった為、


「普通にかっこいい」という言葉が生まれたのです。


そういえば昔、

長唄三味線習ってた頃、長唄三味線の先生が出演する

現代的な舞台を見て、

「普通に楽しめましたよ。」

と先生に言って、

「普通、、!?」と

言ってたことを思い出しました。



長唄三味線というと難しいイメージがあるのですが、

難しいこと考えずに、楽しめました。


という意味だったのですが、、













また、、面白い建物がありました。








KY






演奏情報
http://www.shamimaster.com/informationj.html

新宿津軽三味線教室
http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html

津軽三味線、琴、沖縄三線、演奏教室
三味線弾きシシド(小山貢山)

Shamimaster toshi

もう無理だ

b8686871.jpg近所の地域センターに行ったら「気功の会」「カポエラ」等の間に


使用団体

「もう無理だ」



何がどのように無理なのか気になる

初オーガナイズ日本文化紹介イベント無事終了!

日本文化紹介イベント[Japanese lounge night ]は無事終了。


飛び入りも箏(櫻樹さん、箏で「亜麻色の髪の乙女」「粉雪」を演奏していただきました。)

・POP三味線(長唄三味線、マーサ・リノイエ)さん・

ふろしきパフォーマンス(178Rさん)と 

集まりました。 


入浴家さんはNY落語協会の会長さんだそうです。



kyleさん、robさん、peterさん、patricさん等外国の方も友だちになりました〜

kyleさんは今度三味線を体験レッスンに来るそうです♪



出演者:

箏:斉藤ひろみ        Hiromi Saitou: koto
ウクレレと歌:入浴家     NewYork-ya:ukurere
太鼓:みっちー        Micchie:taiko drum
津軽三味線:貢山会       kouszans:tsugaru-shamisen
箏:櫻樹           Ohju:koto
POP三味線:マーサ・リノイエ  Martha rinoie:Nagauta-shamisen
箏:深山マックイーン:尺八:山崎蒼山 koto:macyeen miyama shakuhachi:souzan yamazaki
ふろしき:イナバリエ     Rie Inaba: Cloth wrapping
ギター:斉藤真文       Guitar: Masafumi Saito

Founder: Kumiya Fujimoto
Today's organizer :Shamimaster Toshi


英語でMCもしてますがやはり本業ではないので下手ですね〜

動画↓
http://www.ustream.tv/recorded/6109500
http://www.ustream.tv/recorded/6110116


MCのうまいオーガナイザー募集♪

日本文化の技術者・外国の方・沢山知り合いができます。

櫻樹
入浴家


aragehonji
rie inaba

はたきぱたぱた

近所の小さい電器屋。おばちゃんが一人でやっている。


「USBメモリありますか?」


「ゆーえすびーめもり ってナンデスカ?」 



、、、、





1、説明する
2、説明しない










一応聞かれたから説明したけど
知らないものが置いてあるワケないので

無駄な時間だった。



街中の個人商店(電気屋他)にはそらふぐさんより以前こんな言葉をいただいた。





「はたきぱたぱたも少なくなりましたね。」







、、、





そう、ドラえもんに出てくる本屋はいつも「はたきぱたぱた」

して立ち読みする のび太君を追い出すのである。



うちの町内にも一軒あるけど

「はたきぱたぱた」はしてないなぁ〜笑









しかしこれからは小さい個人商店の本屋のことは

「はたきぱたぱた」と呼ぼうと思う。







カラフルはたき
http://item.rakuten.co.jp/kougudougu/is-0019/
パタパタとはたきです。本屋さんで立ち読み防止に一役かってます。

海外公演という甘い罠

海外公演という甘い罠
最近怒ってばかりですみませんw



某有名旅行会社から電話があった。

「小山貢山さんでいらっしゃいますか?」

「はい」

「演奏依頼なのですが、日トルコ友好120周年ということで、
トルコに行って大使館などで演奏していただきたいのです」





しかしよくよく聞いてみると

聞いてみるとこちらがお金を払って行く形らしい。















それは演奏依頼じゃなくて営業電話だろ!



「向こうの大使館の人とか沢山いらっしゃって、、」


そうやって「すごい人の前で弾かせてやる」と言って人を

動かそうとするみたいなのやめて欲しいですね。

「音楽関係者が一杯来るから、、」
(だから何!?いつもとやることなんか変わんないよ!)





以前も書いたのですがこんなのがタマに来ます。

「宍戸先生

ホームページを拝見しました。

中略

旅行代金は一人 三十ほにゃらら万円になります。 」


教室情報のHPからダイレクトメッセージをじゅうたん爆撃のように

送ってくる旅行会社。






ひどいのになると

「活動が素晴らしいから補助金申請しようと思ってたのに残念です。」
(せっかく声かけてやったのに)みたいなのも。

で、こういうのって「海外公演」ってのだけ大きく書いて募集して

「こちらがお金を払う側」ということは話が進んでからしか言わない。

大事なところはそこなのに。







海外公演させると言われてどうしようか迷ってたら

「あの人は有名な詐欺師で、、」と情報が回ってきたこともある。




とにかく「海外公演」というと誰でも飛びつくと思ってるあたり

大きな考え違いをしている。



海外公演は華々しいけど 普段の稽古を大切にしたいので

元々あんまり好きではないんだよなぁ。。



テレビに良く出る 某和楽器演奏家が

「最近は忙しいので本番で弾くだけです。それが練習です。」


小さい頃からやっててなんでもすぐ

出来るからいいのかもしれないが、こうはなりたくないと思った。



私にとって楽器も「道」だから。常に精進していたい。



演奏家のページで「〜で海外公演」とかあるけど

結構自分でお金払って行ってたりする。



初オーガナイズイベントです。

2009年4月11日(日)
<<イベント名>>Japanese Lounge Night
<<時間>>19時〜
<<場所>>PINKCOW(表参道、渋谷最寄)
<<チケット等>>無料
<<内容>>初オーガナイズイベントです。
入浴家:ウクレレ漫談 
アラゲホンジ:秋田民謡byギター
松元ヒロキ:箏
斉藤ひろみ:箏
三味線弾きシシド:津軽三味線
夢想:合気道

和楽器で洋楽を弾く

最近色々な方(洋楽系)とご一緒させていただく機会があり、

同じことを言われた。

「そういう考えでは間口がせばまる」


あるところでは

初心者に箏で洋楽から弾かせてそれで教材を作ってくれ


という話が来た。 しかもソロではなく洋楽器とのコラボだ。


「和楽器で洋楽を弾く」

というのは基本的にプロだからできる「応用編」 であり、


「応用編」である洋楽から弾かせてそれで教材を作る等不可能だ。


箏でお願いしますと楽譜を見るとメドレーでそれぞれ調も違うし音階も違う。
しかもグリッサンドまである。


「これできても絶対に初心者には無理ですよ。音がなる間に初心者が調弦するなんて。調弦なしでやるとグリッサンドが汚いですよ」


というと

「調弦する為に8小節休みは取ってあります。

音がなる間でも例えば印をつけていただいて…」


初心者には絶対ムリです!!調や音階が変わると13本全部変えなきゃいけないし。和楽器は洋楽を弾くようには元々作られてないんです。

と言うと

「それでは間口がせばまってしまう」とのこと。


う〜ん そういう問題じゃないんだけどな…





結局ご本人が箏を習って教材を作ることになりました。


それが一番いいですよ 。

三線のカラクイ割れる

一昨日演奏で、DADで調弦しようとしたら

カラクイ(糸巻き)が止まらない。

グイっと押したらバキっとヒビが入った。

完全に折れたわけではないので

CFCは調弦できたので事なきを得た。



三線のカラクイってどう考えても細すぎるよね。


「替え糸」 他に 「替え糸巻き」が必要です

三線は。


糸が切れるとかはまぁよくあるトラブルとして、

箏だと「爪の輪が割れて弾けない」


とか考えられないトラブルが沢山あります。


三味線は普通に調弦してぐいっと糸巻きを入れたら

棹ごと折ったことあるよ。

今までに経験した考えられないトラブル

●電車の網棚に三味線を忘れる

●駒を忘れてコンビニでもらった箸で代用

●三線の糸巻きが硬すぎて回らない

●箏の足の部分がいきなり壊れる

●三味線の撥が風で落ちて割れる

●雪駄を持ってきたが鼻緒の色が片方は黒で片方は白

●足袋を持ってきたが両方が右

●三味線の三つ折れケースが緩くなって移動中に空いて三味線が落ちる

●演奏前に糸を替えようとしたら糸巻きに糸が入らない

●箏で巾の柱を忘れて巾の押し手が出来ない




2009年4月11日(日)
<<イベント名>>Japanese Lounge Night
<<時間>>19時〜
<<場所>>PINKCOW(表参道、渋谷最寄)
<<チケット等>>無料
<<内容>>初オーガナイズイベントです。
入浴家:ウクレレ漫談 
アラゲホンジ:秋田民謡byギター
松元ヒロキ:箏
斉藤ひろみ:箏
貢山会:津軽三味線
夢想:合気道
すうにゃ:箏
和太鼓:みっちー

(出演者は予告なしに変わる場合があります。)

早稲田大学入学式

9ca9aa4a.jpg早稲田の入学式、本当に色んなサークルがありました。

長唄研究会
琵琶
エイサー
狂言

茶道
弓道
居合
棒術
日本拳法
躰道…

馬術
アウトドア
…キリがないのでやめます。
劇団系なんか一体いくつあるんだろう…

早稲田大学は合気道部が5つくらいあり、一番古いのが卒業生でもある富木先生の富木流だそうです。



早稲田大学に住んでる猫の世話をするサークルまであるそうです(笑)



ホンマ日本の文化の集積というか始まりというか…


同じ私立大学でも慶応とかはここまでスゴくないみたいです。

大学側も力いれてサークルに補助金等出してるそうですから。


写真は大隈重信像です。

スゴい現場に居合わせました。

津軽三味線入門DVDを発売します!

341b3cc2.jpg昨日まで撮影してたのですが、ようやく終了しました。

私が主演をつとめる「津軽三味線入門DVD」を発売します!!


今後は編集作業があり6月末には皆様にお届けできると思います。




本日はこれから早稲田大学入学式に行ってきます!

スポンサーリンク

Profile
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク

Recent Comments
  • ライブドアブログ