三味線弾きシシドの「日本文化ゎやばい!」

津軽三味線、箏(琴)、沖縄三線を 演奏する、 三味線弾きシシド(小山貢山)のブログ。茶道、合気道もたしなむ日本文化体験&発信記。

2009年11月

澤の屋での演奏が放映されました。

先程外を歩いていたら友達からメールが来て、

「今テレビに出てるね!」とのこと。

かなり前の澤の屋での演奏が放映されたようです。


そういえば昨日番組からメール来てたのにチェックしそこねて見逃しました。。
お知らせも出来ずすみませ〜ん

「見た」とメールくださった方、ありがとうございましたm(__)m 

さすがに誰かビデオ録ってないですよね(T_T)/~

路上 三曲合奏

cf183b42.jpg

琴 尺八 津軽三味線(?)onthestreetです!


演奏情報
http://www.shamimaster.com/informationj.html

新宿津軽三味線教室
http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html

今日のアートムーチョ

開催です!

八王子北口ユーロードにて昼くらいからストリート、

4時からステージです。


昨日、喫茶店で英語を勉強していたら隣の外国人、日本語勉強してやがった。


なんかものすごいムダなことをお互いしてる気になった…


私だけ!?(笑)



演奏情報
http://www.shamimaster.com/informationj.html

新宿津軽三味線教室
http://www.shamimaster.com/kyoushitu.html

人脈記

朝日新聞 夕刊 「人脈記」がたまらなく好きだ。

前にも日記を書いたこともある。
http://shamimaster.livedoor.biz/archives/51027456.html

11月10日付けの夕刊

黄門は旅ゆく2 「特攻 生き残った二人」

は裏千家 先代家元「千玄室」氏、 2代目黄門様の「西村晃」氏

だ。




出撃命令が下った西村に対し、待機を命じられた千。

西村は鹿児島に飛び立つ。


戦後初のメーデーで、千はデモ行進を眺めていた。

演劇労働組合という旗の合間から「せーん!」という声。

はちまきを締めた小さい男が寄ってくる。

「西村、お前生きとったんか!」

泣きながら抱き合い、新橋を隊列をともに歩いた。

出撃後、西村は天候不良で引き返し、命を拾っていたそうだ。





死線を越えた友というのは、男なら一度は憧れたものであろうが、

平和な時代にこんなドラマは生まれない。



戦争や社会不安のある時代というのは優れた芸術が一杯生まれている。




「お前生きとったんか!」

これがドラマでなく本当の台詞であるところに、

途方も無い「経験の差」を感じる。

現代において、どんなフラストレーションを感じ、不遇の時代を経験しようが

この一言にはかなうまい。






平和な時代に芸術は不遇な時代を迎えるのかもしれない。



↓ニッポン人脈記をまとめた本です。




演奏情報
http://www.shamimaster.com/informationj.html


津軽三味線、琴、沖縄三線演奏、教室
小山貢山(三味線弾きシシド)
http://www.shamimaster.com/三味マスタードットコム

箏曲の新しさを感じさせる曲

箏(琴)はその洋楽的表現力から、素晴らしい現代曲が沢山作られています。 春の海や、古典的なイメージしか知らないと勿体ないと思います。 まずは、聞いてみてください。 上昇の彼方 第一楽章 第二楽章 続きを読む

上昇の彼方

上昇の彼方

紫単衣さんがアップしてくださいました♪
(携帯からはyoutubeで「上昇の彼方」と検索すると見られます。)

第一楽章



第二楽章




人は途方も無い階段を一段ずつ登り続けているのではないだろうか。

その階段は、時であったり空間であったり精神であったりと、色々な姿をもち、

あらゆる方向へと延びている。そして人は一段ずつ上昇を続ける。

何処へ向かって?何の為に?きっとその答えを求めて上を目指すのであろう。

人は上昇を目指し、ゆっくりと、しかし確実に一歩一歩踏み締め登って行く。

そして上昇の彼方を発見する。

ユニゾンを徐々に増やしながら第二楽章に入ると、その先には更に

世界が広がる。

そこは終点か、はたまた通過点か、或いは下降の彼方なのであろうか。




-------------------------------------------------

明鏡楽器の短十七弦(低音用の箏)、とうとう注文しました!

普通の十七弦のサイズ210cmに対し180cm程度と

箏と変わらない長さ。

しかも直接お店に出向けば16万円という安さだ。




届くの楽しみ〜

 
↓作曲者、沢井比河流先生のCDです。


演奏情報
http://www.shamimaster.com/informationj.html

津軽三味線、琴、沖縄三線演奏
小山貢山(三味線弾きシシド)
http://www.shamimaster.com/三味マスタードットコム

三線の稽古/相手の力を利用する

今日は新宿三丁目「沖縄料理かりゆし」に久々に三線の稽古に行きました。


私は沖縄好きでもないし沖縄民謡も別に好きではないのですが(爆)

新人賞で終わるのはどうにも勿体ないので。



ちなみに琉球民謡協会では
新人賞→優秀賞→最高賞→教師→師範

となっていて師範になると教師の免状が出せる…


家元制ですねコレは。

新人賞といっても合格不合格で、70%くらいが合格するのです。


でもそれを審査する琉球民謡コンクールが6月で、

「津軽三味線小山流」
の発表会と重なるんですよね〜

しかしみんな相当進んでていづらっ!!

茶道でも後から始めた人にどんどんぬかれるし〜


最初から向いてないんじゃないかと思いますね(笑)



まぁでもよく、「長いこと行ってないからお稽古に行きづらい」 と言う人がいますが先生としては止めるよりはやっぱりうれしいでしょうね。

昨日の合気道のお稽古では先輩に「相手の力を利用して…というのはどういうことですか!?」

と聞いたら、

例えば片手取り呼吸法等で受けがしっかり掴めば掴むほど、受けの体勢が大きく崩れること等がいい例だ。と聞いて納得しました。

だからしっかり掴まないといけないのね。



今週末は八王子アートムーチョに三線、、、いや参戦です!

14日は天気が危うそうですが…

演奏予定
http://www.shamimaster.com/informationj.html

体重55キロ割れ

なんかあばらが見えるようになったと思ったら

体重が55キロを割った。つい数ヵ月前まで60キロあったのに〜

ポスティング3時間に合気道1時間。

節約の為外食(缶コーヒー、ラーメン等)もやめたので

4時間運動して摂取カロリーも減ればそりゃ痩せるわな…


私は痩せると頬がこけて小室哲哉みたいになるので嫌なんですm(__)m

稽古日記(合気道編)

正面打ち
一教
入り身投げ
半身半立ち片手取り四方投げ
片手取り 呼吸法
後ろ両手取り三教
天地投げ


昨日は40分楽器持って走ったので筋肉痛でへろへろでした。


入り身投げの受けの時、
膝を使って顔を下に向けないで、歩くように起き上がることを指導されました。

強くなるために合気道を始めたという人をよく見かけるんですが、

1年に1回あるかどうかと言う危機の為に、週何時間何年もかけて稽古できるというのはスゴいですな。


合気道は正面打ちとか横面打ちとか実戦で出てこなさそうな技ばかり。


実戦で使いたいなら日本拳法や柔術の方がむいていると思うのだが…



現在の私のmixiのプロフィールです。

小さい頃から体が弱く、いじめられっこだったので強くなろうと思い津軽三味線をはじめる。

その後「質より量」で勝負することを決意し、

沖縄三線、琴、合気道、茶道を始め

「日本人なのに親日家」と呼ばれる。

NHK邦楽技能者育成会不合格。

通訳案内士試験を英語で受験。

やることなすこと全て裏目。


現在、携帯アプリ版の「魔界村」のやりすぎで腱鞘炎になり、療養中。






、、、あんまり人のこと言えないわw

今宵も沢井比河流を聞きながら…

上昇の彼方

今日は沢井比河流「上昇の彼方」を弾いてきました。

2度目ですがやっぱりいい曲。

糸を間違えたりして階段から足を踏み外しそうになりながら、最後まで上り切りました。


自然・四季・神話を描写する曲が多い邦楽に置いて、「メッセージ性」が感じられる曲というものは本当に少ないのではないだろうか。

この曲は沢井比河流曲の中でも「愛しすぎても愛し足りない」曲。


その愛情の10分の1でも嫁さんにあれば(違


上昇の彼方
http://www.shamimaster.com/beyondtheascent.html

上昇の彼方meets hiphop
http://azsa.tumblr.com/post/23979903







沢井比河流曲が好きで何が悪い!(笑)

今宵も沢井比河流を聞きながら眠りにつこう。


スポンサーリンク

Profile

三味線弾き獅子道

Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク

Recent Comments
  • ライブドアブログ