三味線弾きシシドの「日本文化ゎやばい!」

津軽三味線、箏(琴)、沖縄三線を 演奏する、 三味線弾きシシド(小山貢山)のブログ。茶道、合気道もたしなむ日本文化体験&発信記。

2007年07月

絽の着物もらう get kimono for summer

27a91fb8.jpg

ちょっと薄手の生地の

絽の 袴を母の友人からいただきました(^^ゞ

早速昨日の演奏ではきましたm(__)m

I got kimono of Ro (thin and a little bit see-through kimono)

母の友人のお父様のものだそうです。


This is from my mother's friend father.

お礼に写真送ろうと思って写真撮ってもらおうと

思ったんですけどスタッフの人は皆

急がしそうで、、(T_T)/

通路でビルの管理人さんに携帯で撮ってもらいました(汗)


I wanted send photo as thanks mail ,but
all the staff seemed to be busy, so

I had photo by cell phone taken by the manager of the building ..



サイズは結構ぴったりだったんですけど、、

3代前の人と体格変わってないってことかorz

The size fitted me ,but it means my frame is the same as the

man three generations before,,, lol


なじみのクリーニング屋さんのお父様が

津軽三味線をやっていたそうで

形見の三味線があるそうです。

さすがに「くれ」とは言えませんが(^^ゞ

代わりに足袋をいただきましたm(__)m

One of my favorite cleaner shop's das did the Tsugaru-jaminsen,

he has a shamisen as keepsake.

but I can't say "Give me that shamisen!" lol of course,

so he gave me Tabi(kimono socks) instead.




暑中見舞いの季節なので

お礼状を送りましょう♪


I will send a letter of thanks as letter

of best wishes for hot season"Shochu mimmai"


昔の先生に近況報告などしようと

I'm writing letter for hot season to let my old teachers know

how everything goes,

暑中見舞いを書こうと思いましたが

暑中見舞いとは、

「暑い季節に相手を思いやる」

ことが主な目的であり、

but the letter for hot season is for care for them

for hot season,


「合気道初段に津軽三味線名取、三線で新人賞、、、」

などと長たらしく書くようなものでもないこと
を知りました。。


so I can't write"I get black belt in Aikido, passing Tsugaru-jamisen test,
new face award in Okinawan sanshin,,"


今日は比河流先生の箏レッスン♪

螺鈿と上昇の彼方をやりました〜

Today is Koto lesson by Hikaru Sawai.

I learned Raden and Beyond the Ascent.

観世能楽堂- kanze noh play theater-

186e607e.jpg

昨日は

観世能楽堂に能尚会の

能を見に行きました。

能 「熊野」   武田 尚浩  
狂言「悪坊」   山本 則直
能 「舎利」   武田 祥照


I went to see noh play yesterday

at Kanze Noh play theater.

The program is ,,

Noh "Yuya"
Kyogen"Akubo"
Noh "Shari"

最後の舎利は韋駄天が舎利を鬼から取り返す内容

で相当派手なアクション物(?)でした。

The last "shari"was showy performance and appearance,

which Idaten get shari(Buddha's bone) back from daemon.


違う演目だけど鬼はこんな感じ、、
This is different program,but daemon is like this..

http://www.youtube.com/watch?v=QaUDr9G7oOY

誘っていただいた方が、
佐藤謙太郎の
「謡曲大観」
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18470280
(せりふと現代語訳が書いてある)


をわざわざコピーしてくださり、


かなり楽しませていただきました(^^ゞ

写真はおみやげで買った羽衣コースターです。

The photo is a coaster for souvenir,,

津軽三味線小山流名取試験結果-Tsugaru-jamisen Oyamaryu test result-


津軽三味線の名取試験の合格通知書が来ました。
小山流名取試験合格通知

I passed the test of giving stage name of Tsugaru-jamisen

Oyamaryu school!



I got testimonial of Okinawan sanshin new face award.
この前の沖縄民謡新人賞の賞状もきました。
沖縄民謡新人賞賞状



邦楽イカロス Ikaros of Japanese traditonal instruments

和楽器の西洋音楽化が進んでいる。

洋楽器とセッションしたり、CM音楽に音源として

使われたり、和楽器を弾かない西洋音楽畑の作曲家

が和楽器の曲を作ったりと、その形はさまざまだ。



十七弦(低音琴)の張力をあげすぎて大怪我した

琴奏者の話を最近聞いて、

太陽に近づきすぎてロウで作った翼が溶けてしまった

イカロスを思い出した。


弦の張力を上げれば上げる程、音の余韻は長くなる。

ピアノは鋼鉄の弦を鉄のフレームの上に張るので

10トンとも言われる張力がかかっている。


和楽器は昔から絹糸を使っていたので音の減衰が早く、

一つの音を出してから次の音を出すまでの間が重要な

間の音楽であり、

音の高さによって鳴りが違って

ムラがあるのが和楽器の魅力であるのだ。

それに対して西洋音楽の楽器は、

余韻を長くするよう、全ての音が均等に鳴るように発達

してきたと言う点で音に対する考えが根本的に異なる。






エキゾチックな音素材としての和楽器なら、

下手したら「見た目命」に成りかねない。


西洋音楽に近づこうとするより、

むしろ西洋音楽との差を際立たせることが、

和楽器の行き着くところなのではないだろうか。


Japanese traditional instruments progress toward western musicalization.

There are many style of western musicalization,

such as jam seseion with western instruments, using traditional sound

on commercial music, or composing Japanese traditional instrument music
by western music composer which can not play Japanese traditional instruments.

I hear the news that koto player get seriously injured by
tensing strings of Jushichigen koto(bass koto) too strong,

I remember "Ikaros" in myth ,whose wings made from wax melted and dropped

because he approched too closely to the sun.


The tesion is more strong ,the more the afterglow of sound get longer,

so the power of tension of piano string is said to be over 10tons

using steel frame and steel strings.


Japanese traditinal instruments used silk string,

so the decay of the sound is too easy.

We place the importance on the interval between two sound.

And the afterglow is different with the each sound, which

is the attraction of the Japanese traditional instruments.


On the other hand, western instruments has developed

that they get more afterglow of the sound, and more soundly homegenous,

so the idea of the sound is different fundamentally.



The Japanese traditional instruments as exotic sound

can be "apperance only".



I thisnk it's the way that Japanese traditional instruments goes

not that we try to approch western instruments,but that

we dare to show up the differnce with western instruments.


3日連続で着物だ。wearing kimono three straight days


一昨日はマイミクさんの

ろごすさんが主催するお茶会に

招いていただきました。

I was invited tea ceremony hosted by logos,my mixi.

I got acquainted with him on mixi first time ,

so Jiku( the picture at the alcove) was cartoon which talk about

Ueda Soko community in mixi.



ろごすさんと私は最初mixiで知り合いになったので、掛け軸にはmixiの上田宗箇コミュで話題になった
へうげものの絵(もちろん作者筆)がかかっているという
ニクイ演出。
へうげもの


ろごすさんが所属する宗和流と、

私の所属する上田宗箇流は 創始者が町人(千家は町人)
ではなく

武士であるという武家茶道つながりということで


Sowa school was founded by samurai warrior,
and my school was also founded by samurai,

so the traditional matchlock gun was shown.



種子島、、いやてつはう、、を
種子島

ろごすさんはお香の志野流もやってらっしゃるので


Logos also train Kodo (the way of insence)

志野棚

志野棚

お茶室に入ると軸には

When I entered a tea arbor, I saw the robster scroll picture on the alcove

which served on tea ceremony dishes.


懐石で出たイセエビ
エビ軸

がかかっていて思わずニンマリでした。


やっぱり茶道は心遣いや

もてなす心を感じますね(^^ゞ

お手伝いいただいた方もありがとうございましたm(__)m

月曜の夜は千葉の和食屋さんでの定期演奏ということで

三日連続で着物着ることになりました。、、


I found that in tea ceremony we enjoy the mind of hospitality and
consideration.

I play shamisen on the Japanese traditional food restraunt regularly
on Monday,

so I wear Kimono three straight days!






襦袢の替えがないのさ(核爆)

I don't have extra Juban(kimono's underwear)



ボディペイントで三味線を。-shamisen and koto by body painting.

一昨日は新宿御苑 andzone にて

ライブでした。

I performed at shinjuku gyoen and zone one day before yesterday.

今日のメニュー

じょんがら曲弾き(津軽三味線)
火の鳥(津軽三味線)
斜影(箏)
唐船ドーイ(沖縄三線)


Today's program

Jongara Kyokubiki(Tsugaru-jamisen)
Hinotori(Tsugaru-jamisen)

Shaei(koto)

Toshin-doy(sanshin)



ベリーダンスの人が多かったので
ノリがいい曲が好きなのか

唐船ドーイが人気でした。 後斜影も、、


おやー? 津軽三味線はー?(汗)


There are many dancers , so they love toshin-doy by sanshin

which ueses the dotted rythm. And also koto.

How about shamisen!? lol



外国の方がたくさんいらっしゃったので

例によって体験コーナーを、、

withpaul


楽器が逆です。 アルコール入って目がイッてます。

左はPaulさん。

地唄三味線の西潟明子先生に英語を教えている
ウード奏者の方です。


There are many foreigners,so I have them experience my instruments.

Next to me is oud(turkey instrument)player paul who teaches English

to famous Jiuta shamisen player Akiko Nishigata.


フェイスペイントで
三味線書いてもらいました。

shamipaint

And I got shamisen by body painting.


調子に乗って箏も。 and also koto. lol

ボディペイント三味線


こんなに遊んでみたりして。
Bending shamisen lol



曲がり三味線

最後はベリーダンス、やウードの方全員で

セッション。

Last we play jam session with belly dance and oud.

セッション

楽しかった〜



It was very fun!!

おまけ ウード動画
oud movie

矢来能楽堂 - Yarai Noh play Hall-


昨日はお茶のお稽古を早めに切り上げ、

矢来能楽堂まで 能の

発表会を見に行ってきました。


I went to see Noh play at Yarai Noh play Hall at Shinjuku district.

It's in housing area and signboard is so small that it was difficult to
find it.


矢来能楽堂、新宿区神楽坂にあるんですが

住宅街の中にあって看板が小さいので非常にわかりづらい、、 7



This is the recital of Okugawa Koji, Nhoist of Kanze school.

観世流能楽師、奥川恒治先生の社中の発表会です。

http://homepage3.nifty.com/noh-no-hana/hana0707a.htm

発表会は 

仕舞



謡 でした。


矢来能楽堂に貼ってあった

I saw this poster , then I want to see this play"Tsuchi gumo"


土蜘蛛

このポスターを見て、
土蜘蛛が見たい!!(派手なの好きなんで(^^ゞ)

と思いましたが

札幌だった。。


but it's on Hokkaido..

SS席9,000円、C席でも4,500円とかなり高いのですが、

The seat is SS 9000 yen , C 4500 yen.

And "Z" seat is 2500 yen..



安い「Z席」は2500円でした。

Z席
I wonder why this is not D, or Z !

It's distinction! lol

そんなに差別せんでも D席でええやん!

美しく見える所作 graceful carriage



今日明日明後日と

上田宗箇(うえだそうこ)流の

お茶のお稽古ですm(__)m


直接指導を受けているお家元の上田宗冏(うえだそうけい)

宗匠が執筆し、

上田宗箇流のお稽古仲間で

あるイラストレーターのmamioさんがイラストを

担当した本がこのたび出版されることになりました。


日々ごゆだんなきよう


I will have three days training of tea ceremony from today.

The photo above is the book which head of my school of tea ceremony write.

This is the manners for women.

The title is "Hibi Goyudan Nakiyo"
which means "Be vigilant everyday"

基本的には女性向けの礼儀作法の本で、

目次の一部をご紹介します。

「礼法の基本は呼吸から始まる」
「腹式呼吸を心がけましょう」
「綺麗なお辞儀は体を起こすときに決まる」
「美しく見える物の持ち方」
「挨拶をしましょう」
「敬語をきれいにつかいましょう」
「目線をはずすことも大切」
「コミュニケーションを円滑にする距離を保ちましょう」
「朝に簡単な掃除をしましょう」
「お気に入りのお茶碗を持ちましょう」
「お茶の飲み方」


This is a part of contents.

Manners begins from breathing.
The importance of abdominal breathing.
How to bow gracefully
Using Honorific
The importance of distract eye line
Cleaning in the morning
How to drink tea

等など、男性にも役立つお話が分かりやすく

書かれています。


皆さん良かったら買ってみてくださいね〜



私は歩き方が少しガニマタ入ってるので、

「まずお前が読め。」

とどこからか聞こえてきそうです(汗)


今月の会記:
掛け物 東山水上行
濃茶碗 入瀬戸(安閑亭常什)
仕覆  吉野間道
薄茶器 好根来八角茶器
    川太郎(安閑亭常什)
茶杓  篁庵古在
    無銘 三玄院大眞師
濃茶碗 蓬莱青磁
薄茶碗   十代高麗左エ門
  替 黄瀬戸銘雨漏

稽古日記-合気道編- Training diary(aikido)

昨日行ったのを書き込むのを忘れていました(^^ゞ

技は一日経つと何やったか覚えていない!!!!(汗)

そんな訳で

袴のたたみ方を教わりました。


I forgot to write diary about aikido yesterday.

I don't rememeber what technique I did after one day!

I learned how to fold hakama..

三味線屋さんが儲かる時期。 It's time for shamisen shop to becom profitable.

梅雨時期は皮の楽器には危険な時期。

私の三味線も

二丁ほど生徒さんに貸していたのが

去年の梅雨時期に破れて帰ってきました。

(その後合皮にしました。家で弾いてる分には

大丈夫なんですけどね。)


It's rainy season ,so it's dangerous for shamisen skin.

Two of my shamisens were torn last rainy season during

renting to my students.


「梅雨時期は三味線屋さんが儲かる時期」

と某先生が言っておられましたが、

皮の張替えも1回2万3万の世界で

気軽に出せる金額ではありません。

A teacher of shamisen say
"It's time for shamisen shop to become profitable",

but chaging skin cost 20 or 30 thousand yen,

so it cost much.




障子を貼る時、霧吹きで水をかけて

乾燥するとピンと貼るように、

皮は湿度差に弱いものです。


When we paper a sliding door(Syoji),

we spray water on the paper and then it become dry and

tighten , differnce of humidity is not good for shamisen skin .

and also is said to Sanshin skin.

三線の皮も危ないみたいなんで、、


皆様お気をつけを〜

Be careful!


三味線破れ

今使ってるエレキ三味線は、

最初に届いた時に破れていました。

スポンサーリンク

Profile
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数

スポンサーリンク

Recent Comments
  • ライブドアブログ