三味線弾きシシドの「日本文化ゎやばい!」

津軽三味線、箏(琴)、沖縄三線を 演奏する、 三味線弾きシシド(小山貢山)のブログ。茶道、合気道もたしなむ日本文化体験&発信記。

2006年05月

三味線分解パフォーマンス、動画アップしました。





こんな感じです。

ちなみに茶筅投じの方もついでに、、




他のパフォーマンスメニュー(旧音源ページ)はこちら。
http://www.shamimaster.com/performancemenu.html

所有楽器紹介(紅木津軽三味線)

津軽三味線


津軽三味線




値段 60万円。

入手先  三味線かとう

棹  紅木(こうき)インドネシアから輸入。固くて
重いので水に沈む。

津軽三味線皮




弦  一に箏(琴)の弦を使用。二はテトロン、三はナイロン
   (一、二の糸はほとんどの津軽三味線奏者は絹を使います。)

駒  象牙が駒のトップについてます。下は竹。

皮   合皮。樹脂製。
    ほとんどの津軽三味線奏者は犬の皮を使います。


ネオべっ甲




バチ ネオべっ甲と言われる樹脂製のバチ。
   津軽三味線奏者はほとんどべっ甲を使っています。
   (2万くらいだったかな?)

指すり


指スリ 指の動きをスムーズにするために、
    つけます。なんと700円もする。高い。


ネオ甲と箏の糸、合皮が私のスタイルです。

TOEIC満点のマイミクさんとクラシックギター。

f1eeacba.jpg
今日は

クラシックギターの

ウォーレンさんと、

TOEIC満点で英語の仕事をしている

マイミクさんが家に来てくれました。

そのマイミクさんはJAZZギターが

習いたくて、何回か体験も行ったそうですが、

またやりたいということで

クラシックギターのウォーレンさんを

ご紹介しました。


TOEIC満点の世界はどんな世界なんだろう、、

と3人で蕎麦を食べに行き、

色々聞かせていただきました。


当たり前ですけどやっぱり英語ペラペラでしたm(__)m


ウォーレンさんが彼に

JAZZギターも少し教えてくれたので

なかなか中身の濃い出会いでした。


kobiewarren


ウォーレンさんがオリジナル曲
http://www.shamimaster.com/nightrain.html を弾いてくれました。

名前が決まってないというので、

NIGHT RAINととりあえずつけました(^.^)


和音ええなぁ、、英語ももっとしゃべりたいなぁ、、(>_<)

スポンサーリンク

Profile
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数

スポンサーリンク

Recent Comments
  • ライブドアブログ