三味線弾きシシドの「日本文化ゎやばい!」

津軽三味線、箏(琴)、沖縄三線を 演奏する、 三味線弾きシシド(小山貢山)のブログ。茶道、合気道もたしなむ日本文化体験&発信記。

津軽三味線は伝統芸能ではない?


テレビの時代劇にたまに津軽三味線がでてきたりします。

時代劇の設定は、
江戸時代が多いですが、

実は津軽三味線は江戸時代には影も形もありませんでした
(もともと時代劇はお話だから、
時代考証なんてのはそう正確なものではないですが)


「津軽三味線」と言う言葉が
出来てから50年、

音楽自体も出来てから100年あまりしかたっていないのです。


(具体的に言えば、津軽三味線の始祖と言われる仁太坊という人が
明治10年代、1880年ころに作った音楽が元になっている。)

実は津軽三味線はJAZZと
歴史はそう変わらないのです

(JAZZは20世紀はじめにできたそうです。)


津軽三味線はもともと、津軽民謡の伴奏楽器として発達し、
前奏部分が独立して発達して独奏楽器となりました。
じょんがら節などの民謡音階(ラドレミソラ)と4拍子の
リズムだけ決まっていて、
後は即興で津軽三味線奏者の腕の見せ所でした。

したがって、
津軽じょんがら節の三味線といっても人によって全く違う曲になるのです。


厳密に言えば津軽三味線は
伝統芸能ではなく民俗芸能です。


こちらはビクター効果音ライブラリ 9
の裏面です。

民俗芸能



今でこそ、津軽三味線は「邦楽」に入っていますが、
つい最近まで
津軽三味線は「邦楽」に
入っていませんでした。 

これは「邦楽」とは、
狭い意味で「江戸期に生まれた三味線や箏で演奏される音楽芸能」
という意味だからで、
民謡や雅楽や声明は含まれなかったのです。



津軽三味線でも、昔は弦は絹糸を使っていたわけで、

今絹糸をライブで使っている奏者はあまり聞きません。



津軽三味線のルーツと言われる門付け
(門の前に立って三味線を弾いてお金をもらう)では、

持ち歩くのに不便な重い材質
(今棹(ネック、指板)の木材はほとんど輸入、紅木(こうき)がプロ奏者では主流。堅いのですり減らない))

や太棹は使わなかったようです。


また、きれいな音が出るように、今では三味線の皮は強く張りますが、
これも最近のことで、
湿度変化の大きい外で弾いていた三味線の皮はゆるく張られていて
(強く張ると湿度変化で破れ易くなります。また昔は
強く張る技術もありませんでした)

こう考えれば今の津軽三味線のスタイル
(紅木、カン張り(強く張ること)
べっこうバチ、ナイロン弦)
はかなり新しいものと言っていいでしょう。
(3、40年)




三味線の糸について。

三味線の糸について書いておきます。


三味線の糸が黄色いのは防腐剤としてウコンを使っていた
ためと言われています。


私の竹山流の先生は、

1の糸 24番
2の糸 14番
3の糸 12番

を使っていました。

今は 番 という単位も使われますが、

もともとは 尺貫法の 匁(1もんめ=3.75グラム)

でした。


たとえば15番の糸の場合
15匁(56.25グラム)の元糸から
一の糸なら60本、二の糸なら100本、

三の糸なら200本とる、という形になります。

絹糸は現在でも京都などで手作業で作られており、

熱いお湯に手をつけて手で練っていくので

後継者不足に悩まされているそうです。

オススメ津軽三味線サイト。


http://www.kankosite.jp/津軽三味線でわからないことがあったらまずこちら。
津軽三味線質問箱。
http://www.kankosite.jp/hatenaman/situmon.cgi

津軽三味線の譜面や動画がフリーで見られるサイトです。
http://www.benben.jp/
音源はこちら。
http://www.benben.jp/score/index.htm

喜納昌吉「花」の歌詞に込められた意味。

ブックオフに行ったら

欲しかった本がありましたので買いました。

喜納昌吉「すべての武器を楽器に」冒険社です。


喜納昌吉(きなしょうきち)

沖縄生まれの音楽家。参議院議員。
代表曲

花〜すべてのすべての人の心に花を〜http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/hana2.htm






--------------------------------------------------


聴く人の数だけ「花」がある。

そしてまた、歌う人の数だけ「花」がある

心の花でもいい。魂の花でもいい。あらゆる

生命の花が咲くようにとの思いを込めて、

それ以来、ずっと私は歌ってきた。

そして今、私たち人間は新しい時代を迎えなければ

ならない。人間の心によって真の平和を築く。

そういう時代を迎えなければならない。人類が、利権や、

争いごとや、それらにまつわる不安から解き放たれ、

ひとつに和合したときにこそ、新しい時代はやってくる。

「花」は一つの触発だと思う。あまりにも経済中心の

文明に人が流れ、保守的な意識に向かう中で、

もう一度「心とは何か?」という単純なメッセージを、

人々に投げかけているのだと思う。

そのメッセージを感じてくれた人々が、それぞれの表現で、

再び私に語りかけてくれたとき、そこにまた素晴らしい花が

咲く。21世紀のルネッサンスを目指し、平和に満ちた

文化の創造を担う人々のひとりひとりが、私にとっては

素晴らしい花になる。


--------------------------------------------------

私は泣いたり笑ったり、そうしたことが

人生の生きる意味なのだという唄だと思っていました。

そういうわけでどういう意味でこの歌詞ができたのか

知りたかったのです。。

たまに人前でも歌う唄なのですが、

唄の意味を知るとまた違ってきますね。




沖縄の三線を弾こう!気軽にトライできる練習専用の三線セット19800円で販売中!琉球楽器の店える・おきなわ

曲芸弾き 動画upしました。





こんな感じで。。

津軽三味線の規定演技。

津軽三味線の曲弾きには、これとコレと入れる、

というのが大体あります。


それが1の糸のスリと20の勘所でのチリチリ、

そしてかませ といわれる 技。

そして始めは力強く始まり、

途中音澄み奏法などで音を小さくし、

また力強くなって終わる、というセオリーが

あるそうです。


こういうことがきちんと書いてある本がないのが不思議です。。


津軽三味線のオリジナル曲もほとんど楽譜は発売されていません。

津軽三味線の世界では、

完成された曲を作って後世に残していく、という精神が

まだないようです。

私は人の曲ばかり弾いているので、

(もちろんオリジナル曲もありますが、敢えて弾きません。)

オリジナル曲をやれと言ってくる方もいますが、

民謡だって誰かが作ったもの。

いい曲は後世に残したいものです。

日中韓友好じょんがら節 音源 up しました。

今日は2箇所で演奏でした。

牛込箪笥町区民センターのお祭りで演奏で、

本当は鳥のように を演奏する予定でしたが、

風邪であまり練習できなかったので急遽斜影に差し替え。


プログラムも鳥のような になってたし、

まいっか、、と思って主催者に何も言わずにそのまま演奏。



その後直接早稲田に向かい、


マイミクのそんちょさんの

異文化むら交流会で演奏しました。


ワンコリアという在日の人ととの交流会の団体の人や、

中国語を教えている中国人の方がいらっしゃったので、



アリラン(韓国古謡)、
イ族舞曲(中国琵琶)、
賽馬(二胡)
のメドレーの

あとに続けてじょんがら節を演奏しました。

http://www.shamimaster.com/nicchukan.html
(ページ開いたらしばらくして音が出ます!)

こんな感じでした。

津軽三味線と三線の愛好者の違い。

私は津軽三味線と三線と両方やっているんですが、


ひとつ気づいたことがあります。

津軽三味線は津軽三味線の音楽が好きで始める人が多いですが、

三線は沖縄が好きで始める人が多い。

私は沖縄にも青森も行ったことがありません。

むしろ逆に行かない ことをアイデンティティにしようかな

と思っています。

その土地が好きで始めたわけではなく、楽器が好きではじめたのだし、

わざわざ自分よりうまい人がいるところにいかなくても、、

てな感じで。

三線の「古典」という呼び方について。

三線の音楽は大きくわけて

民謡、古典、そしてポップスに分けられます。

古典というのは自由な民謡に対し

細かいところまで決まっている宮廷音楽でした。

要するに本土の三味線にしてみれば

長唄と民謡の違いのようなものです。


古典という言い方ですが、

できた当初から古典 などという呼称が

あったわけではなく、いつごろからできた呼び方なのか

疑問に思っていましたが、


松村洋著白水社 唄に
聴く沖縄 に詳細がかいて
ありました。。

さらに付け加えておけば、そもそも琉球古典音楽の「古典」という言い方も近代に入って登場したものである。王国時代は、既成のレパートリーを踏まえ、そこに絶えず新たな工夫を加えていく現在進行形の芸能であったわけだから、古典であるはずがなかった。古典と言う呼称は、近代に入って、継承や保存という意識が強まることによって生まれた。仲宗根幸市は、、楽曲の種類によって大節とか端節などと呼ばれていたものをまとめて古典と呼ぶようになったのが、いつごろか、はっきりしないとしつつ、おおよそ大正末ころではないかと推測している。。。



ちなみに古典より民謡の方が古いんです。


それもそのはず、古典 というのは誰かが作曲したもの。
民謡と言うのは生活の中で自然発生的に生まれてきたもの。

古いほうがよいわけではありませんが、

古典の方が新しい というのも不思議な話です。

津軽三味線について徒然、、

mixiと違ってこちらは検索にひっかかるので

思いついた津軽三味線の知識を書いておきます。


津軽三味線は門付けで大きい音を出そうとしたことから

太棹を使った、という説明をする人がいますが、

書籍を読んでみるとどうやら違うようです。。


それもそのはず、雪や風などの厳しい環境の中で

重い太棹 は使えません。


津軽三味線の始祖、 仁太坊が、
一年に一回の祭りの舞台上で、

他の人間より目立とうと思って大きな音を出そうと

義太夫の太棹を使ったのがはじまりです。


津軽三味線の精神は、私はここにあると思います。

津軽三味線の曲弾きと言うと、

音楽的テクニックを見せて演奏する、という

スタイルになっていますが、

曲弾きの 曲は本来、曲芸の曲であり、

今でも落語家さんなどは、首の後ろで三味線を

弾いて

「曲弾き」とやっています。



津軽三味線は、普通の三味線と違い、

糸巻きが1,3,2の順になっています


本来ならば2の糸をつけるべき糸巻きに三の糸が付いており、

三の糸をつけるべき糸巻きに二の糸がついているのです。

これは二つ説明の仕方があり、

昔絹糸を糸として使っていた時代に、

1,2,3では3の糸の角度が大きくなってしまい、

金具との接地面積が大きくなり、糸が切れやすくなるので

1、3,2に変え、その後糸がナイロンになっても

名残が残ったという理由。


調弦する際に棹の同じ側で1、2とやってから

違う側で3に行く方法の方が、

交互にやるよりやりやすい、という理由からです。


名残が残ったのは後者の理由だから、というのが

正しいのかもしれません。

ちなみに竹山流では普通どおり1,2,3の順に、
小山流では1,3,2になっております。


スポンサーリンク

Profile

三味線弾き獅子道

Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク

Recent Comments
  • ライブドアブログ