三味線弾きシシドの「日本文化ゎやばい!」

津軽三味線、箏(琴)、沖縄三線を 演奏する、 三味線弾きシシド(小山貢山)のブログ。茶道、合気道もたしなむ日本文化体験&発信記。

通訳案内士への道-Road to Tour guide

image.jpg 今日は阿佐ヶ谷のハロー通訳アカデミー http://www.hello.ac/ の授業に行ってまいりました。 絵がないのもさびしいので地図を載せてみました(笑) I went to Hell guide Academy at Asagaya. It's to get a liscense of tour guide. 通訳案内士の資格を取る為です。 火曜日と金曜日の午前中、週二回一回2時間の授業です。 There is two lessons in one week and each lessons are 2hours. 授業料は30万円程で決して安くないのですが、今後の自分の方向性を決める 大事な資格なのでがんばろうと思います、、 The fee is about 300 thousand yen, so it's expensive, but it's an important liscent to direct my way of activity. 試験には語学(私は英語で受けますが、スペイン語や中国語などもあります。)と、 邦文(地理、歴史、一般常識(政治、経済、産業、時事問題等))があります。 色々平行してやってるので 2年計画くらいですけどね(笑) I want to place an importance on other cultural lessons, so it will take a few years to pass the exam..lol 習い事いくつしてるの?と聞かれますが、今は 津軽三味線、箏(琴)、沖縄三線、合気道、茶道と通訳案内士の 資格です。 I'm usually asked how many kinds of culture lessons I have. Now I go to learn Tsugaru-jamisen, Koto, Okinawan-Sanshin, Aikido and Tea ceremony. これも日本文化を海外に伝えるためでございます。 This is for passing on Japanese traditional culture to foreign people. http://www.shamimaster.com/katudo.html こんな活動↑をしてます。 一応楽器の方はプロとして活動していますが、 (生徒もいますし、定期演奏もしています。) 国際交流関係のイベントならボランティアで行きますのでよろしゅうに〜♪ I do the activity like link above. I play instruments as professional, but I'm willing to go the event of cultural exchange as volunteers!!

琉球民謡コンクール新人賞着物 costume of Okinawa traditional folk song contest

琉球民謡コンクール着物

6月8日に沖縄県のうるま市民芸術劇場大ホールにて行われる第25回民謡コンクール

(私は新人賞に挑戦します)の着物が出来ました。

ステテコと襦袢まで入っていました。

持っているのは三線です。

14100円也。勿論ポリの着物です。

私は11時〜12時の間に出場決定しましたm(__)m

写真の顔が眠そうなのとちょっと襟がずれてるのは気にしないでください。

I bought the kimono of Okinawa traditional folk song contest held on June 8th at
Okinawa prefecture.

The instrument is Okinawan-Sanshin.

The kimono cost 14,100 yen including underwear.

I will play between 11:00 and 12:00.

Do not care my sleepy face on photo. lol

琉球民謡コンクール新人賞着物 costume of Okinawa traditional folk song contest

sounddevice.jpg 6月8日に沖縄県のうるま市民芸術劇場大ホールにて行われる第25回民謡コンクール (私は新人賞に挑戦します)の着物が出来ました。 ステテコと襦袢まで入っていました。 持っているのは三線です。 14100円也。勿論ポリの着物です。 私は11時〜12時の間に出場決定しましたm(__)m 写真の顔が眠そうなのは気にしないでください。 I bought the kimono of Okinawa traditional folk song contest held on June 8th at Okinawa prefecture. The instrument is Okinawan-Sanshin. The kimono cost 14,100 yen including underwear. I will play between 11:00 and 12:00. Do not care my sleepy face on photo. lol

水無月茶会

第一回目が三味線ではなく茶道になってしまいました(笑) The first diary is about tea ceremony, not shamisen. 私は広島発祥の茶道の一流派、 上田宗箇流(うえだそうこりゅう)という茶道をやっております(茶道歴1年半) この茶道の特徴は 千家 とつく茶道の流派は 町人の茶道なのに対し、武士が始めた「武家茶道」 であるということであり、武士の動きがお点前の中に取り入れられていることです。 I've trained tea ceremony for one and half years. The shool of tea ceremony is Ueda Soko school. Ueda Soko is the name of founder, who was samurai. The founder of famous school of tea ceremoy such as Ura senke or omote seneke was towns people,so the procedure of making tea of my school is characterized by including samurai action. 昨日は白金台の畠山記念館にて 水無月茶会の手伝いでした。 Today I gave help at tea ceremony on June. 会記はこちら http://shamimaster.livedoor.biz/archives/50900152.html 「武将茶人、上田宗箇―桃山茶の湯の逸材」 の著者の、 矢部良明先生の 講演会もありましたがお手伝いで聞けませんでした。 Photo above is the author of "Life of UedaSoko" (Ueda soko is the founder of my tea ceremony school) and he had a lecture. 私は薄茶席のお運びをしていたので カメラは慶応茶道会の学生さんに 頼んだのですがあまりうまく撮れてない、、 (頼んだのにゴメンナサイm(__)m) sounddevice 102.jpg sounddevice 108.jpg I gave help at Usucha ,so I asked my junior to take photo , but it was not good,, The best photo was below..lol 一番よく撮れてたのは コレ sounddevice 105.jpg だったりする、、 なんなんだー(汗)

水無月茶会-Tea ceremony on June-

昨日は白金台の畠山記念館にて

茶道上田宗箇流


のお茶会の手伝いでした。


I gave help at tea ceremony on June of my school at Hatakeyama Memorial Museum.

矢部良明先生

武将茶人、上田宗箇の生涯 

の本の著者の、

矢部良明先生の
講演会もありましたがお手伝いで聞けませんでした。


Photo above is the author of "Life of UedaSoko"
(Ueda soko is the founder of my tea ceremony school)

and he had a lecture.



私は薄茶席のお運びをしていたので

カメラは慶応茶道会の学生さんに

頼んだのですがあまりうまく撮れてない、、
(頼んだのにゴメンナサイm(__)m)


I gave help at Usucha ,so I asked my junior to take photo ,

but it was not good,,



茶道具
薄茶席




The best photo was below..lol


一番よく撮れてたのは






コレ


ピース











だったりする、、

なんなんだー(汗)





以下は会記です。

展覧席(翠庵)

掛物 宗箇松之詩


濃茶席(明月軒)

掛物 小堀遠州消息 宗箇宛 三月六日付

花入  宗箇自作 竹二重切
花   季のもの
香合  推朱
釜   芦屋真形
風炉  唐銅朝鮮
水指  四台重羽(大機院)自作
棚   宗箇好 長板
風炉先 好上田桐銀欄風炉先屏風
茶入  高取耳付 銘 瀧浪
仕覆  草紋浅黄染付金欄
茶碗  堅手
敷帛紗 宗箇風通


薄茶席(新座敷)

掛物  十二代安敦譲翁筆 郭公の和歌
郭公ことしもこぞのこの頃とまつに心のひまなかりけり

花入  手付籠
花   季のもの
脇床  象牙硯箱
釜   宮嶋
風炉  唐銅
小板  好真塗
棚   十二代譲翁好 杉丸卓 写
水指  白磁
薄茶器 十五代宗源好 乾漆面取中次
茶碗  御本
替   大樋 時鳥之絵
茶杓  十五代 宗源 作 銘 早苗
蓋置  上田家御庭焼
建水  宮嶋
水次  銅蟲
干菓子 青楓 鮎
器   一閑張八寸盆
煙草盆 籠地手付
火入  宗源好 青銅鋸歯紋


点心席(六畳の間)

掛物 雨中に郭公の画   景文 筆

点心席(八畳の間)

掛物 十四代宗翁 筆 蛍の画

点心 京都三友居 調製

どうも皆さんはじめまして。

1255119_3055485822.jpg どうも皆さんはじめまして。 津軽三味線、琴、沖縄三線を演奏する  和楽器パフォーマー、三味線弾きシシドでございます。 楽器の他に、茶道、合気道、居合道、禅などをやっており、 日本文化を海外に伝えるべく国際交流系イベントや、台東区谷中にある「澤の屋旅館」 でも演奏しております。(上記写真) まずは自己紹介から。 三味線弾きシシド (津軽三味線、箏(琴)、沖縄三線) 1979年、愛媛県生まれ。 広島市立大学在学中に、サークル「しゃみせん友の会」で津軽三味線に目覚め、箏(琴)でさくよう音学短大に入学。 さくよう音大で合気道部初代主将(現黒帯)となり、今では上田宗箇流茶道もたしなむ。 沖縄の三線では歌も歌い、和楽器パフォーマーとして活動、海外に日本文化へ伝える活動等をしています。 最終目標は日本文化体験の会社を作り、夢はNYに住むこと。 Hi,everyone, I'm Shamimaster Toshi, Tsugaru-jamisen,Koto and Okinawan-Sanshin Player. I'm training tea ceremony, Aiido ,Iaido, and Zen other than Japanese traditional instruments. I have played at Sawanoya Ryokan which accept foreigners.(Photo above) Let me introduce my self. I was born in Shikoku,Japan in 1979. Upon entering Hiroshima City University, I discovered the Tsugaru-jamsen there and decided to switch the focus in Toshi's life. Then I entered Sakuyou musical junior college majoring in Koto, Japanese traditional musical instrument. I started Aikido (Japanese traditional martial arts) at about the same time. I is also training tea ceremony and iaido(Japanese swordmanship))now to pursue theJapanese traditional instruments as a culture or tourist attractions, not as music.My goal is to start a company of Japanese traditional culture experience.

八王子アートムーチョ- Performance at Hachiouji-

路上三味線and琴

アートムーチョステージ

アートムーチョ


昨日は八王子のアートムーチョにて

路上演奏とステージの演奏でした。

I performed with koto player Hiroki at Hachiohji.



These photo is by a friend of mine.

友達に写真とってもらいました。


これから向かいます。
We're on our way.

向かいます

ピカチュウと対談チュウ
Talk with Pokémon
ピカチュウと対談チュウ

津軽三味線小山流発表会-Tsugaru-Jamisen Oyamakai recital-

小山流発表会竜昇先生

今日は目黒パーシミン大ホールにて

津軽三味線小山流


の民謡発表会でした。

竜昇先生、力宝先生とも

初めてお会いしました!

写真は竜昇先生と、

津軽三味線300人の大合奏ですm(__)m

Today I had a Tsugaru-jamisen Oyamakai(One of the biggest
school of Tsugaru-jamisen) recital at Meguro Persiminn Hall.

The photo above is the Maseter Ryusyo and tsugaru-jamisen ensemble with

300 people.




津軽手踊りや家元の奥さん娘さんが演奏する

二胡コーナーもあり盛りだくさんでした。


It was rich in contents including erhu by Iemoto's(head of school) wife

and daughter.


新人合奏では何故か小山豊さんの隣で一番前で

弾くことになり

プロフィールに

「小山豊氏と共演」と書けそうです←ウソ




途中、出る予定の曲(二上がりメドレー)と間違えて

違う曲(二上がり合奏) に出てしまい、

曲が終わるまでずっと弾いたフリをしていました(爆)


みんな並んでるから急いでステージに上がったら

違う曲始まるんだもーんorz


I went on stage on a program I didn't practice and I was not going to join in,

so I pretended to play. lol

小山会会服- Uniform of Tsugaru-jamisen Oyamakai-

小山会会服小山会帯


今週26日(土)
目黒パーシミン大ホールにて
10時〜16時まで行われる

津軽三味線小山流 発表会の

会服(当然着物)が出来ました♪

ポリの着物だから安いとは言え仕立てからなので

38250円也。

Ouch.

沖縄の新人賞用にそちらも着物作ることになっています(^^ゞ


I had the uniform of Tsugaru-jamisen Oyamakai made for the

recital of Oyamakai held at May 26th at Meguro Persimin Hall.


Of cource this is kimono, the real kimono is made of silk,

but this is made from polyester.

It cost 38,250 yen.

日本人の400年前の落書き -Graffiti witten by Japanese 400 years ago

森本右近太夫

最もマナーがいい宿泊客は日本人、中国人はワースト3位―ホテル業界調査

ニュースより引用

ゴールデンウィーク期間中、海外でのお行儀の悪さが話題になった中国人だが、それを裏付けるような調査結果がこのほど公表された。2007年5月24日の報道によると、イギリスの旅行専門サイトExpedia.co.ukがヨーロッパのホテル業界関係者1万5000人を対象に国別マナー調査を行ったところ、最もマナーがよい宿泊客は日本人で、2位のアメリカを35%も引き離し堂々の第1位だった。

 宿泊マナー最悪ランキング1位はフランス人、次がインド、中国人はロシアと同率3位だった。紳士の国イギリスは以外にもワースト5位にランクイン、イギリスのサイトといえども手加減はなかったようだ。

 食事時の服装が最悪なのはアメリカ、次がイギリス。でも最も羽振りよくお金を使うのもアメリカ、ロシア、イギリスと続いた。逆に最もチップを渋るのはドイツ人だった。



I saw the news that the best nation who have good manners at staying inn
is Japanese.


I remembered Morimoto Ukondayu who went Angkor Wat at Cambodia at 1632
,edo era and did graffiti which still remains even now.

The photo above is the graffiti he did.

1632年、つまりは江戸時代に

カンボジアのアンコールワットに行って

落書きしたのが今でも

残っているという 森本右近太夫

という人のことを思い出しました。



調べるとこういうことだそうです。

彼は父の菩提を弔うために噂に聞く

「祇園精舎」を訪れるために日本を出ます。


当時は鎖国もしていないし、東南アジア各地に日本人町ができていたから、わりと気軽に飛び出せたのでしょう。


そしてたどり着いたのがアンコール・ワットです。どうもこの遺跡を祇園精舎と信じていたらしい。

回廊の柱など三ヶ所に落書きをしています。

内容は「千里の海を越えて来た」とか「仏像四体を奉納した」といったことです。

スポンサーリンク

Profile

三味線弾き獅子道

Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク

Recent Comments
  • ライブドアブログ