三味線弾きシシドの「日本文化ゎやばい!」

津軽三味線、箏(琴)、沖縄三線を 演奏する、 三味線弾きシシド(小山貢山)のブログ。茶道、合気道もたしなむ日本文化体験&発信記。

お琴用調子笛-Pitch pipe for koto

I went to japanese traditional musical instrument shop at kichijoji,

because my student say she want pith pipe.


宮地楽器吉祥寺 で津軽三味線の生徒さんが

調子笛がほしいという生徒さんがいたので、

吉祥寺で和楽器屋さんを探して行ってみると、


When I look for the internet and go,

古道具屋

I found used goods shop..


古道具屋さんじゃないですか。

中に入っていくと一角に和楽器用品を置いている場所がある。


「昔はねぇ、お師匠さん何人も抱えてた時代もあったんだけど

今はいなくなってしまったからねぇ。」

と埃のかかった棚から調子笛を取り出してくれた。

He said formerly there were many customer who was a teacher,

but now lessen..



その顔は少し寂しそうだった。(脚色)


こういう昔ながらの和楽器屋さんというのは、

結構津軽用が置いてなかったりする。


There is a pitch pipe only for koto,

I bought it to think it can be used for shamisen,

but It's only for koto!!!


調子笛もお琴用しかないといわれ、

三味線にも転用できるかと思い買って帰ったら

一の糸をDとした平調子の13本の音が書いてある。

おこと用調子笛



当然「C」などは存在しない。



くそぅ、失敗した。。もっとよく見て買うべきだった。。


What a loss!!

AERA English に取材を受けました!-I was interviewed by AERA English!

先日、
AERA Enlgishの取材を受けました♪
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=9509

I was interviewed by Aera English the other day.

mixiの
ラジオ英会話


コミュの管理人をしてるということで、

いかに安く英語を勉強するかという特集にてのインタビューでした。


I own the BBS of the NHK English radio program in mixi.
so the interview is about how to study Enlgish.

勿論三味線と琴も弾き、

Of course I played shamisen and koto.


日本文化を海外に伝えた活動
http://www.shamimaster.com/katudo.html

や日本文化体験交流塾
http://www.ijcee.com/

と言った活動から、

I talk about the activity of passing on japanese culture to foreign people,
and NPO "ijcee."

シャドウイングしていて電車の網棚に三味線忘れた話や、

高校のときの英語教育
英語勉強法 等、


I talked about how to study English and Englishg education in high school for

one and a half hour!!

1時間半も熱く語りました(英語について)

高校(愛光)の先輩がAERAEnlish編集部にいるそうで
驚きました♪


They say my senior of my high shcool is in the editorial department,

so I feel surprised!


AERA English 10月号

発売日は8月23日です!


AERA English October issue will be on sale on August 23rd.

AERA Enlgish に取材されました! Interviewed by Aera English

先日、 AERA Enlgishの取材を受けました♪ http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=9509 続きを読む

七夕 Star festival

七夕さまの曲を三味線で弾いてみました。
http://www.shamimaster.com/tanabata.html

I play Tanabatasama , children's song for star festival in Japan by shamisen.


短冊に何書こうかな。。

What will I hope for!?


地球温暖化
冷やし中華



Stop global warming!? lol

この森はもう焼くしかないよ。-This forest have to be burned.

ナウシカ くそぅ!菌糸がこんなところにまで! Shit! Spawn propagate even here!! 続きを読む

この森はもう焼くしかないよ。-This forest have to be burned.

ナウシカ

くそぅ!菌糸がこんなところにまで!

Shit! Spawn propagate even here!!

シャプー無料 free shapoo

53a7aa51.jpg
絶対わざとやと思ふm(__)m


I think it's delibarate mistake.lol

遺跡 ruin

bc339e91.jpg4連チャンの公衆電話ボックスです。


4 staight telephone box! lol

ネット情報は信頼できない!?-The information on the internte unreliable!?

メディアリテラシー 情報メディアを批判的に読み解いて、必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のこと。 Media literacy means the ability to use information from the media properly, by looking them critically and dicern between truth and false. wikipediaは誰でも編集できる辞典であるので、 間違っていることも書いてあるので参考にならない等、 「ネットは間違ってることもあるからねぇ」、、 との意見をたまに聞きますが、 それは書籍でも勿論間違いがあり、同じこと。 参考 Wikipediaの「正確度」についてのコラム '05年12月号の英学術誌『Nature』は、Wikipediaと、権威ある百科辞典『ブリタニカ百科辞典』の比較を行い、情報の正確度を検証。Wikipediaとブリタニカ双方の記述を、どちらのものかは分からないように専門家に見せて、チェックしてもらうという方法で行われた。  その結果、重要な概念に関する誤りはそれぞれ4件ずつ、表記の間違いや脱落、誤解を招く文章などは、Wikipediaで162件、ブリタニカで123件発見された。1項目あたりの件数に閑散すると、Wikipediaで3.86件、ブリタニカで2.92件の間違いがあるということに。『Nature』はこの結果から"どちらも正確度は同水準だ"と結論づけている。  この結果にWikipedia側は喜びを表しているが、一方のブリタニカ側は検証の方法などについて『Nature』を非難し、訂正を求めている。その後も、Wikipedia側が見つけたブリタニカの間違いが話題になったりと、Wikipedia vs ブリタニカの百科辞典戦争はまだまだ続きそうである。】 逆に言えば、新聞が、書籍が、情報統制されてない保証がどこにあるのか!? その点についてはネットの方が信頼性があるとすら言える。 要はネットでも書籍 でも様々なメディアを比較検討しながら、 「最も真実らしい」ことを読み解く力が必要なのだ。 特にブログの情報なんていうのは信頼性の低い情報で、 たとえ ラーメン店をブログで酷評して売り上げが下がったとしても 店側は裁判で勝てない可能性が強い。 ブログは信頼性のあるメディアと認められていないからだ。 新聞の社説と同じく、単なる意見の一つとして スルーするのが無難だろう。

ブログのメディアリテラシー media literacy of "Blog"

メディアリテラシー

情報メディアを批判的に読み解いて、必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のこと。

Media literacy means the ability to use information from the media properly,

by looking them critically and dicern between truth and false.


wikipediaは誰でも編集できる辞典であるので、

間違っていることも書いてあるので参考にならない等、

「ネットは間違ってることもあるからねぇ」、、

との意見をたまに聞きますが、

それは書籍でも勿論間違いがあり、同じこと。

参考

Wikipediaの「正確度」についてのコラム

'05年12月号の英学術誌『Nature』は、Wikipediaと、権威ある百科辞典『ブリタニカ百科辞典』の比較を行い、情報の正確度を検証。Wikipediaとブリタニカ双方の記述を、どちらのものかは分からないように専門家に見せて、チェックしてもらうという方法で行われた。


 その結果、重要な概念に関する誤りはそれぞれ4件ずつ、表記の間違いや脱落、誤解を招く文章などは、Wikipediaで162件、ブリタニカで123件発見された。1項目あたりの件数に閑散すると、Wikipediaで3.86件、ブリタニカで2.92件の間違いがあるということに。『Nature』はこの結果から”どちらも正確度は同水準だ”と結論づけている。

 この結果にWikipedia側は喜びを表しているが、一方のブリタニカ側は検証の方法などについて『Nature』を非難し、訂正を求めている。その後も、Wikipedia側が見つけたブリタニカの間違いが話題になったりと、Wikipedia vs ブリタニカの百科辞典戦争はまだまだ続きそうである。】



逆に言えば、新聞が、書籍が、情報統制されてない保証がどこにあるのか!?

その点についてはネットの方が信頼性があるとすら言える。


Wikipedia can be edited by everyone, so someone say "The information from the Internet may be wrong"

But the data of the survey of the Nature say,
article of wikipedia is as accurate as that of Britannica encyclopedia.

contrary speaking, are there any guarantee of newspapaer or books,not controled?

In this point , the information of the internet can be more reliable.






要はネットでも書籍 でも様々なメディアを比較検討しながら、

「最も真実らしい」ことを読み解く力が必要なのだ。

In short, we have to have ability to dicern what is true,

with comparing various media whether it's from the internet or books.




特にブログの情報なんていうのは信頼性の低い情報で、

たとえ ラーメン店をブログで酷評して売り上げが下がったとしても

店側は裁判で勝てない可能性が強い。


ブログは信頼性のあるメディアと認められていないからだ。


新聞の社説と同じく、単なる意見の一つとして

スルーするのが無難だろう。

スポンサーリンク

Profile
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数

スポンサーリンク

Recent Comments
  • ライブドアブログ