三味線弾きシシドの「日本文化ゎやばい!」

津軽三味線、箏(琴)、沖縄三線を 演奏する、 三味線弾きシシド(小山貢山)のブログ。茶道、合気道もたしなむ日本文化体験&発信記。

イケメンホープ -Goodlooking newcomer

ラーメン

イケメン

僕つけ麺


つけ麺



、、、じゃなかった。


昨日、南大沢で
エココンサートに出演しました。

名取の名前が小山貢山(おやまこうざん)

会場の公園の名前が

小山内裏公園(おやまだいりこうえん)

これは正に私の為に作られた公園。。


、、
なわけないな。

Yesterday I performed at the Oyama dairi park at minami oosawa.

三味線の若き(イケメン)ホープの三味線弾きシシド

イケメンホープ

I was introduces as Good looking newcomer shamimaster Toshi.

と書いてある。

どうも勝手にホープやらマイルドセブンやら

コピーをつけるのが好きらしい。

They like to put catchphrase as their pleases.


ライブドア株のインタビューに答えたのをプロフィールに
書いていたら

「テレビでおなじみ」

と紹介されたこともあり、、

I write on the profile about answering TV interview once,

someone introduced me as "Everyone Familiar on the TV"

その後宮地楽器吉祥寺で

生徒さんでありマイミクであるみっちーさんに

人形を作ってもらいました(^o^)/

シュガークラフトの三味線、三味線ストラップ等など

こういうものは嬉しいですね(^o^)/

And my shamisen student gave me my doll she made.

I'm very happy for that!

みっちー人形

お受験って言っちゃってるし。-competitive entrance exam-

42f883e4.jpg

通訳ガイドの試験の対策用に現代社会の教科書を買いに来たら


「幼児学参・お受験」コーナーがあった。


お受験って揶揄して言う言葉じゃないの…

When I went to buy the text book for tour guide,

there was a corner of OJuken (competitive entrance exam)

Is it the word for speaking
lightly of!?


塾を和英辞典で調べると
「cram school」(詰め込み勉強する学校)

と半ば揶揄したような訳が載っている。

塾が自分のことを「cram school」 って言ってるようなもんだな。

能と歌舞伎の差 difference between noh play and kabuki

逆説の日本史 13より引用です。 基本は江戸時代、能は江戸幕府の式楽となり、武士に愛され、 歌舞伎は庶民に愛されたという違いがあります。 Basically Noh play was designated as the formal performance, so loved by samurai, on the contrary, kabuki was loved by commoners. 続きを読む

デイリーコール案内ハガキ postcard from daily call.

357f4816.jpg 電話で英語レッスンの デイリーコール を、AERAENGLISH で紹介させていただきました! とメールをしたら案内ハガキに載せてもらいました。 言ってみるもんだ(^^ゞ 一日5分(月〜金)で、先生から電話が掛かってきて一ヵ月1万円弱(携帯なので少し高め) と結構お値段も手頃。 何より携帯なので演奏帰りに駅でレッスンしてもらったりできるので便利です。ブログに書いた表現のチェックをしたり等。 「インプットはラジオ英会話で、アウトプットはデイリーコールで」 と書いてあるけど... アウトプットって言い方あんまり好きじゃないんだな。うん。 (日本人英語というか英語ではそんな使い方はしないので。) I sent the E-mail that I introduced "daily call"English lesson by phone, they put the article about me on the postcard. I'm happy to do it. It's convenient because when I go out by the performance, I can take lesson even at the station. And the price is a little less than 10,000yen a month, (weekday 5minutes everyday by cell phone) so It's reasonable.

久々のストリート street performance after a while

2ac28c6e.jpg 続きを読む

久々のストリート street performance after a while

2ac28c6e.jpg


今日は橋本駅までヤフオクで

象牙バチを落札していただいたぴっくんさんとオフりついでに

ストリートしてきました。

自分から行ったのなんて倉敷の時以来じゃないだろうか。


やっぱストリートいいわぁ〜

I went to hashimoto station to bring the ivory plectrum that a friend of
mine won a bid,

and I busk after a while.

i think it's first time since I went to tokyo.

デイリーコール案内ハガキ postcard from daily call.

357f4816.jpg

電話で英語レッスンの

デイリーコール を、AERAENGLISH で紹介させていただきました!


とメールをしたら案内ハガキに載せてもらいました。

言ってみるもんだ(^^ゞ

一日5分(月〜金)で、先生から電話が掛かってきて一ヵ月1万円弱(携帯なので少し高め)

と結構お値段も手頃。

何より携帯なので演奏帰りに駅でレッスンしてもらったりできるので便利です。ブログに書いた表現のチェックをしたり等。


「インプットはラジオ英会話で、アウトプットはデイリーコールで」

と書いてあるけど…

アウトプットって言い方あんまり好きじゃないんだな。うん。

(日本人英語というか英語ではそんな使い方はしないので。)



I sent the E-mail that I introduced "daily call"English lesson by phone,

they put the article about me on the postcard.

I'm happy to do it.


It's convenient because when I go out by the performance,

I can take lesson even at the station.

And the price is a little less than 10,000yen a month,
(weekday 5minutes everyday by cell phone)
so It's reasonable.

ampm曙橋駅前店 ampm in the akebonobashi station

fd64b829.jpg

つい一ヵ月ほど前、
曙橋駅の構内のキオスクが

「閉店いたします」


と貼り紙があったので便利だったのにな〜 と思っていたら、

「ampm」として再オープンしていた。

ampmはファミマかローソンに身売りする話を新聞で見たが

検索してみると何店舗か駅構内に出したそうで、まだ元気そうじゃないか。

と思いましたm(__)m


しかしこの店舗の名前
ampmST曙橋「駅前」店。

改札外にあるとはいえ

「駅中」のような気がする。


This is the photo of ampm convenience store in the akebonobashi station,

but the shop name is ampm "in front of" the akebonobashi station.

I wonder why..

能と歌舞伎の差 difference between noh play and kabuki



逆説の日本史 13より引用です。




基本は江戸時代、能は江戸幕府の式楽となり、武士に愛され、

歌舞伎は庶民に愛されたという違いがあります。


Basically Noh play was designated as the formal performance,
so loved by samurai, on the contrary, kabuki was loved by commoners.

----------------------------------------------


能と言う伝統芸能があり、また歌舞伎という伝統芸能もある。

では、これを読んでいるあなたにとって、どちらが親しみやすい

芸能だろうか。

I'm talking about two Japanese tradtional performance,noh play and kabuki.

But which is more popular for you!?

おそらく九割以上の人が歌舞伎だと答えるだろう。最近でも

十八代目中村勘三郎の襲名披露があったばかりだし、少し前には

市川海老蔵の襲名もあった。松本幸四郎、中村獅童、中村七之助といえば、歌舞伎を見たことのない人でも名前を知っている。

I think more than 90% of readers will choose kabuki.

これに対して、一般の人でも知っている能役者といえば、

ベテラン俳優でもある観世栄夫ぐらいか。

やはり現代人にとって能は少し遠いものであるようだ。

Because the kabuki performers are very famous and popular for everone,

but the noh performer is not so popular.

For the modern people, noh play is a little umfamiliar performance.


しかしながらもし戦国末期から江戸期の武士、特に支配階級である

大名に、 「あなたはどちらが親しみやすいか」と問えば、

それは圧倒的に能の方であったろう。

But if I ask feudal lord in late war era and edo era the same question,

they would choose noh play.

もちろん、武士階級はまったく歌舞伎を見なかったわけではない。

江戸中期以降、歌舞伎が隆盛を極めると、大奥の女中に至るまで

歌舞伎(当時は単純に「芝居」と呼んだ)のファンとなり、

簡単に芝居小屋にはいけない大名はともかく、上級武士でも、

芝居見物に行くことは珍しくなくなった。

しかし、それでも能は彼らにとって「親しみやすい芸能」であった。

Of course , it's not true samuri don't watch kabuki at all.

At the middle of Edo era, when the kabuki was going around,

it's not rare that executive samurai go to see kabuki.

But noh play is "familiar performance"for them.

その理由は、武士階級にとって能とは、単純に「見るもの」ではなく

自ら「やるもの」であったからだ。

The reason is noh play for samurais were not to see, but to perform
by themselves.


前に能の話をした時、能楽評論家堂本正樹氏の「能にはカラオケ的性質がある」という意味の言葉を紹介しておいた。

これもそのことを示している。

分かりやすく説明しよう。

たとえば、ここに歌舞伎の大ファンがいるとする。

歌舞伎が好きで好きで、セリフも主役から脇役のものまで

全て暗証できるほどだ。しかし、だからといって、いきなり

衣装をつけ舞台に上がり、本職の相手役が務まるかといえば、

これは絶対に無理な話であろう。


I'll show the example.

Even though there is someone who is the big fan of kabuki and
memorize all the lyrics of kabuki play ,
when he or she wear costume and go to the stage,
he or she can never perform it actually.

ところがこれが演歌歌手の大ファンならどうか。

それならば、舞台に上がって本人とのデュエットをすることは

可能だ。では、この違いは一体難なのだろう。


歌舞伎の方が演歌よりも「高等な」芸術だからか?

いや決してそうではない。あらゆる芸事には

「入りやすいが極めるのが難しい」と言う種類のものと

「一通り基本技術を身につけるのは大変だが、いったん

身につけてしまえばあとは割りとすんなりと行く」

というものがある。

ゲームで言えば前者は「五目並べ」であり、後者は「野球」だろう。

もっとも後者の場合でも「すんなり」とは行かないかもしれない。

「名人」になるためにはそれなりの天分と努力が必要である。

誰もが「イチロー」になれるわけではない。

要するに、芸事としての性質が全く違うのだから、どちらが

上でどちらが下かという価値判断はできない。

そして、能と言うのはまさに「入り易い」芸道なのである。

But the noh play is easy to learn because the basic
behaviors are orderd and symbolized.

So if the people remember the basic pattern,

amatuer can perform well.



それはまず基本動作が整理され象徴化されているため、

基本パターンを覚えてしまえば最初は素人でも

かなりの「演技」をすることができるようになる、ということだ。

「面(おもて)をかける」ということも、素人には有利である。

面を使わない歌舞伎では、表情は自分で作らなければいけない。

悲しい場面では空涙の一つも流せなければ役者とはいえないが、

それは一般人には無理な話だ。

しかし能は面がそれを助けてくれるのである。

ということは、歌舞伎ではまず不可能な、プロとの共演も

可能になる。むしろプロと共演することによって、

自分の演技の下手な部分をカバーしてもらうことすら可能なのである。


世の中には「出たがり目立ちたがり」という人がいる。

中略


一般に戦国武将と呼ばれる人々は「目立ちたがり」であった。

中略

まさにこの「超目立ちたがり屋」の秀吉こそ、能の大ファンであり、

歴史上有数のパトロンであった。


-----------------------------------------


友達で能の仕舞を習ってる方の日記より。

ところで“能”と言うのは謡や演奏などを含めたこの芸能そのものを言うそうな。 舞は“仕舞”と言うらしい。


全国に能楽師、つまり“能だけで食べてる人”は歌舞伎役者とは比較にならないほど多いらしく、結構驚いた。

-----------------------------------------


うーん。深い。


And there are more professional noh player than the kabuki professional

player.






つがるしゃみせん と つがるじゃみせん、どっちが正しい!?Which is correct,tsugaru-shamisen and tsugaru-jamisen?

一般には津軽三味線というと、 「つがるじゃみせん」と発音されることが多いが、 何故か津軽三味線関係者は 「つがるしゃみせん」と発音することが多い。 When we talk about tsugaru-jamisen, we mostly say tsugaru-"jamisen",but tugaru-shamisen player often pronounce as tsugaru-"shamisen". 続きを読む

スポンサーリンク

Profile
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数

スポンサーリンク

Recent Comments
  • ライブドアブログ